DbDキラーの背景

学術書を達成すると、一部にキャラのショートストーリーが読めるのがある。
そこから分かる各キャラの設定の抜粋メモ。

五十音順です。
載ってないキャラは入手後に追加予定。

アーティスト(カルミナ)

カルミナ・モーラは幼い弟マティアスの死に自責の念を抱いていた。
チリ南部の沿岸の村で育ったカルミナは、パタゴニアの自然を写生するのが好きだった。
カルミナが子供の頃、母が失踪したのは自分のせいだと思っていた。
母に見捨てられたのはお前のせいだと父に責められ、母と別れた悲しみは更に増した。
1年後、カルミナが弟と絵を描いていると電話が鳴った。
カルミナは急いで電話を取り、数秒で切ったが、外に戻るとマティアスがいなくなっていた。
家のすぐ近くの小川に赤色の上着が落ちていた。
小川に飛び込んだカルミナは、虚ろな目で水面に浮かぶ弟を見つけた。
カルミナは鴉の群に囲まれながら、弟を抱いて啜り泣いた。
翌日の朝、世界は闇に包まれたようだった。
父は何も言わなかった。
カルミナは何もかも自分のせいだと悟った。
数ヶ月過ぎても弟の記憶は鮮明だった。
自己嫌悪からカルミナは絵を描けなくなった。
弟の誕生日の朝、カルミナは家から離れた狭い橋にいた。
橋の柵から激しく流れる川が見えた。
地元では飛び降りスポットと呼ばれていた。
もうすぐ会えるとカルミナは目を閉じると、鴉の鳴き声が空いっぱいに聞こえた。
光沢のある黒い鴉がカルミナの肩に留まり、カルミナの眼を覗き込んだ。
別の鴉も柵に留まり、あっという間に鴉で覆われた。
カルミナが一瞬でも下を見ると鴉は怒涛の鳴き声を上げた。
カルミナは鴉が自分の仲間のように感じた。
カルミナは何週間もかけて、その出来事を絵で表現した。
その経験から黒インクを使ったシュルレアリスム芸術が生まれた。
カルミナは人通りの多い街角で大規模壁画を描き、壮大な衣装をデザインして、反体制を詠う詩を朗読した。
そのアートは地元の近しい人の悲劇を表わした物で、地元民はアートを無視できなかった。
カルミナの芸術にはいつも鴉が付いて来た。カルミナはイコノクラスム(宗教上のモニュメントや政治的モチーフを破壊する)の視点を理解する画家グループと付き合うようになった。
カルミナのパフォーマンスでシュルレアリスム運動は社会現象にまでなった。
ヴァック・レーベルという多国籍企業からカルミナに依頼が来たが、評判の悪い下院議員に芸術を贈与している企業だった。
しかもヴァックに委託されたアーティストは姿を消していた。
カルミナはヴァックと政治汚職との関係を暴くべく、依頼を引き受けた。
カルミナは霊園の地下墓地に巨大壁画を描いた。
死神がチリ人農家の畑を刈り取るというヴァックのロゴだった。
その作品は汚職論争に火を点けて、カルミナは非難の的となった。
殺害予告を受けたカルミナは父の家に身を寄せた。
その夜、武装集団が家に押し入り、カルミナと友人達をワゴン車に乗せて去った。
次の日の朝、カルミナと友人達は砂漠のど真ん中で手足を縛られて椅子に座っていた。
フードの男が聞いた事の無い言語で聖歌を詠唱し始めた。
そして男はナイフでカルミナの腕を切断した。
カルミナは男を罵りつつ足の拘束から逃れようとした。
「これではもう絵を描けないなぁ?」
男はカルミナの舌を掴みだして切り落とした。
「これで詩を朗読できないだろう?」
カルミナは弟を亡くした傷に耐える唯一の手段を失い、弟が死んだのと同じくらい泣き叫んだ。
鴉の鳴き声が響き渡り、黒い鳥がカルミナの腕に留まった。
鴉の群がフードの男に突っ込み、男の肉体を啄み始めた。
自分が描いたシュルレアリスム作品が実現し、カルミナは微笑んだ。
しかし鴉のターゲットが地面に横たわる友人に移ったのを見て、カルミナは怒りで心臓が激しく脈打った。
友人達の苦痛の声が増す中、カルミナの眼に闇が掛かった。
またもやカルミナのせいで誰かが死ぬ。
黒い霧がカルミナを包んだ。

怨霊(貞子)

山村貞子は伊豆大島の超能力者の娘として産まれた。
母が浜辺でじっと白波を見つめていると、船乗り達は「しょうもんばかりしてるとぼうこんがくるぞ」(水遊びしてると化物が来る)と嫌がった。
母の超能力が公開実験され、とある記者がインチキ呼ばわりした時、幼少の貞子の力は制御不能の怒りで爆発した。
その記者は床に倒れて息絶えた。
母の死後、貞子は古井戸に誘われ身を乗り出した。
頭に割れるような痛みを感じ、自分を縁から突き落とす2本の手を感じた。
上から崩れる音がして井戸が暗くなった。
貞子は壁の石を掴んでよじ登ろうとしたが、握力も体力も足りなかった。
数十年後、その土地はリゾート地になっていた。
井戸の上はログハウスになった。
貞子は念写能力で、見た者は7日後に死ぬという呪いをビデオテープに映し出した。
貞子の怒りは井戸の中で反響し、黒い霧が足下に渦巻き、黒い波がログハウスを破壊して泥水の激流となった。
黒い波は貞子の井戸に流れ込んだ。
貞子が気付くと誰もいない浜辺だった。
目の前には嵐の海と黒い霧が漂っていた。
貞子は波に歩みを進め、霧の中へ徐々に消えて行った。

カニバル

レザーフェイスが人を殺すのは誰かに傷付けられるのを恐れているから。
家族に失望される事、人肉食という共通の秘密が露見するのを恐れているから。
例えば、家に上がり込んで家族の秘密を暴こうとした少年達を始末した。
レザーフェイスは家族の面倒を見て夕食を用意し、正装で食事をする。
かつては祖父母が家族の世話をしていた。
祖父は歳を取り、祖母は動かなくなった。
レザーフェイスと兄達は、その役目を引継いだ。
レザーフェイスが最善を尽しても少年達の1人は脱走した。
兄は助けに入ったトラック運転手に轢き殺された。
激怒したレザーフェイスはチェーンソーを取ったが、逆に殴り倒されて自らの刃を受けた。
よそ者達は警察を呼ぶだろう。
警察は兄達や祖父を奪って行くだろう。
レザーフェイスはチェーンソーを振った。
その時、レザーフェイスは大きい悪しき存在が闇の中にいると気付き、かつて無い恐怖に包まれた。
それは「失望させてしまう恐怖」だった。
レザーフェイスはいつの間にか知らない場所にいた。
自分がすべき事を本能的に理解した。

ゴーストフェイス(ダニー)

ダニー・ジョンソン(ジェド・オルセン)は、ローズビルの新聞記者だった。
ダニーが働き始めて5ヶ月後、ローズビルで連続殺人事件が起きた。
ダニーは犯人のゴーストフェイスが、ウォールアイという小さなバーで犠牲者を探して尾行したという記事を書いた。
ダニーは遺族に警察の公式発表を伝えた。
ダニーはゴーストフェイスの記事に誇りを感じ、ゴーストフェイスに恐怖する街を見て楽しんでいた。
数週間後、ダニーはメモを残して姿を消した。
「物語を現実にするのは楽しかった。(中略)物語にはまだ続きがある」
捜査機関がダニーを追ったが、既にローズビルからいなくなっていた。
ダニーは新聞記事を壁に貼って見惚れていた。
寝室に冷気が入り、女の金切り声が上がり、足下で落ち葉がカサカサと音を立てた。
ダニーは期待に胸を弾ませ、微笑んだ。

スピリット(山岡凜)

凜は山岡家の一人娘だった。
香川県の寂れた家屋で育った。
私立高松大学で教育学を学んだが、家計に負担になっていた。
同時に母が病気になり、借金は膨らんだ。
凜はバイトに励んだが、負債は減らなかった。
凜の父は勤務時間を増やして昇進を目指したが、睡眠不足から悪夢にうなされるようになった。
父は会社の製造ラインの欠陥の責任を押しつけられ、22年勤めた会社を解雇された。
凜がバイトから帰宅すると、母の悲鳴が聞こえた。
両親の部屋に駆け込むと、母のバラバラ死体が散らばっていた。
父は凜に刀を振り下ろしたものの、凜は咄嗟に前腕で食止めた。
凜は逃げようとして床の血で足を滑らせた。
凜が立ち上がると父はもう片方の腕を裂いた。
父は廊下によろめいた凜の腹部を切りつけた。
凜は父に突進してよろめかせたが、父は凜の腿を切りつけて床に倒れ込ませた。
父は凜の髪を掴んで障子に突っ込んだ。
その衝撃でガラスも割れ、凜は1階まで落ちた。
暗い霧が凜を覆った。
死なない、まだ死ねないと流血と復讐を約束するよう闇が囁いた。

ツインズ(シャルロット&ヴィクトル)

17世紀に産まれた、結合双生児のシャルロット・デエとヴィクトル・デエは、誕生直後から迫害に苦しめられた。
ヴィクトルの下半身はシャルロットの胸部に結合していた。
出産時に助産婦は悲鳴を上げ、魔女が悪魔を産んだと叫んだ。
シャルロット、ヴィクトル、母マドレーヌの狩りが始まった。
双子は他の子も母と旅をしていると思い込んでいた。
5歳になると母が病になった。
母は食料集めをシャルロットに任せるしかなかった。
シャルロットは服を着込んでヴィクトルを隠した。
市場で手当たり次第に食料を盗んだ。
その夜、3人の住み処が炎に囲まれた。
魔女狩りのハンター達が押し入った。
マドレーヌは子供達の名を叫んでいたが、その声が止んだ。
頭を棍棒で殴られていた。
マドレーヌは魔術を行った罪、悪魔の子を産んだ罪で有罪となった。
ハンター達はマドレーヌを木に縛り付けて足下を小枝や苔で囲った。
意識を取り戻したマドレーヌは子供達に背を向けろと叫んだ。
ハンター達は双子に無理やり点火の様子を見せた。
双子は母の体が焼け焦げて、焼かれた喉が悲鳴と共に消えて行くのを見た。
双子は古い木造の神殿に連れて来られた。
黒い服の秘密組織に売り飛ばされた。
神殿では異常な実験が行われていた。
灰色の小鳥の首を折り、指から流れる血を薔薇の花瓶に入れさせられた。
1週間に1度、枕の下に湿ったブナの木を入れて寝かされた。
やがて最後の実験が決まった。
ローブを着た2つの影が双子を神殿の中央へ誘導した。
その祭壇にシャルロットを押さえつけた。
男は双子の額に手を当て、頭蓋を調べた。
そして剣を抜きながら「メメントモリ」と呟いた。
シャルロットは横に転がった。
弟は腕を伸ばし、燭台を倒した。
火は乾いた木を燃やし、炎が黒いローブに燃え移った。
シャルロットは地獄の中を駆けた。
出口が見つからず、熱に圧倒され、息ができずに膝から崩れ落ちた。
その時、日の光と木々が見えた。
シャルロットは露に濡れた草地に出た。
そのまま森に駆け込み、倒れるまで走った。
目覚めたシャルロットはヴィクトルが動かない事に気付いた。
シャルロットは嘆き悲しみながら、近くの町の下水道へ向かい、そこを住み処とした。
食べ物を盗み、家畜小屋の豚の残飯で空腹を凌いだ。
数年後、ヴィクトルの死体は腐っていたが、完全な腐敗を拒んでいるようだった。
10代になり、人間への憎しみは日ごとに増していた。
いくら殺しても追っ手は止まない。
「化物」「悪魔」「魔女」と断罪する言葉も止まなかった。
最悪なのは黒マント達だった。
シャルロットは何度も住み処を変えねばならなかった。
ある凍てつく冬の日、シャルロットは限界に達した。
暖を取ろうと焚き火に身を寄せた。
近くに黒マントが潜んでいるとは知らなかった。
小鼻に霜が付き、唇が青色を帯びて行く中で、シャルロットは今までに無い何かを感じた。
それは死を受け入れる事だった。
するとヴィクトルを濃い霧が取り巻いた。
ヴィクトルはシャルロットから雪の上に落ち、走り出した。
弟は霧から現われた黒いフードの影に押さえつけられていた。
シャルロットは積年の恨みと怒りで鎌を握り、霧に向かって突進した。

ドクター(ハーマン)

ハーマンはCIAのレリーズ・メモリアル・インスティテュートの先進神経科学プログラムの受講者に選ばれた。
そこでオットー・スタンバー博士の指導の下、囚人に術式を行って情報を引き出した。
その施設は敵国のスパイを再教育する機関だった。
ハーマンは電気痙攣療法で国家安全保障の脅威をいくつも明らかにした。
年月が経ち、ハーマンはドクターと呼ばれるようになっていた。
ハーマンが尋問後の囚人に何をしているか、誰も気にしなかった。
研究所から1週間応答がなくなり、その所業が明らかになった。
全ての職員、患者、囚人があらゆる頭部外傷で死んでいた。
ハーマンの消息は不明だった。

トラッパー(エヴァン)

エヴァン・マクミランは父アーチー・マクミランを崇拝していた。
マクミランエステートは父子経営で成長した。
父の精神状態は乱れていったが、エヴァンは父の財産を狙う者達から父を守った。
アーチーが完全に錯乱すると、エヴァンは父の意思の元、殺人鬼となった。
エヴァンは100人以上の労働者をトンネルに閉じ込めて入口を爆破した。
その後のエヴァンの記録は残っていないが、アーチーの死体は倉庫の地下室で発見された。

ドレッジ

1960年代のアメリカの個人所有の島で、フォールドという匿名の慈善集団で結成された。
メンバーはオットー・スタンパーというカリスマ指導者に従っていた。
信奉者はポジティブ思考のマントラをエンドレスで朗読して幸福を維持するという秘訣を教わった。
オットーは邪悪な考えや言葉を話している者を追放した。
オットーは監視者としてオットーマリアンを調教し、邪悪な思考が不平不満の根源と信じさせた。
オットーはドゥルーアニーという古代神を持ち出し、この神が如何に邪悪な記憶野欲望を肥やしにしているか話した。
影の国から恐怖を呼び出す邪悪な兆候を追い出さねばならないと。
その内、メンバーの不可解な失踪が起き始めた。
島の人々は数軒の家に集まり、マントラを詠唱しながら就寝中の自分達を呑みこむ闇の生き物を追い払おうとした。
オットーはこの集団に存在する不満が「喜びの庭」にドゥルーアニーを呼んだと語った。
更に窮余の策として、噂や邪悪な話題が広まるのを防ぐ為、オットーマリアン達を外出禁止にした。
また眠る事を禁止した。
ドゥルーアニーが忍び寄る事が無くなれば、すぐに自由も睡眠も取り戻せる。
しかしオットーマリアンの失踪は止まらなかった。
オットーは浜辺近くの壇上に信者を招集した。
その壇上で女が何かを叫んでいた。
オットーは全てを壊しに来たジャーナリストだと説明した。
女は、オットーは救世主ではないと叫んだ。
女は、オットーは億万長者の古いカルト集団の一員で、人間や町、国を腐敗させて旧神への生け贄として捧げていると叫んだ。
更に女は、オットーは失踪者を苦しめて生け贄にしていると叫んだ。
オットーは女の喉を切り裂いた。
オットーはこの女は裏切り者の協力者で、ドゥルーアニーが来る前に裏切り者を見つけ出す必要があると説いた。
信者達は不満の思考と発言をしたのはお前だと責任をなすりつけ始めた。
オットーはお互いを批難し合い、手や歯で傷付け合う信者を見て、笑みを浮かべた。
全てが終わるとオットーは軋みを感じた。
鴉の群が頭上を旋回していた。
地面が黒い泥となって沈み、泥から馬のような塊が現われ、虐殺された人間の苦悶する塊を食った。
その生物はオットーが想像していた物に姿を変えた。
ドゥルーアニーは長い時間をかけてゆっくりと振り返り、オットーを見ると、重い足取りで元来た影の中へ消えた。

ナイト(タルホーシュ)

タルホーシュ・コバッチが子供の頃、母親に薬を飲まされて気を失った。
共同墓地の大量の死体の下で目覚め、死体の山から抜け出すと、村が燃えていた。
タルホーシュは男達に馬車に乗せられ、他の奴隷と同じ小さな檻に入れられた。
その日からタルホーシュはグラルディア・コンパニーアの一員となった。
カディール・ハカムの元で修行を積んだ事で、タルホーシュを戦場で勝利して自由を手に入れられると信じる3人の傭兵が現われた。
アレハンドロ・サンティアゴは鎧職人。
ディルコス・マレセクは暗殺者。
サンダー・ラウトは巨大戦斧を使う大男。
タルホーシュは戦いの功績で爵位と認められ、自由の身となった。
自分より劣った者に従うのを嫌ったタルホーシュは、コンパニーアを抜けたが、軍団は「取り巻き」の解放には同意しなかった。
タルホーシュは取り巻きの解放に必要な資金の為に、イタリアのポルトスクーロ領主ビットリオ・トスカーノの元で働いた。
ビットリオの探検隊がポルトガルの都市シントラの地下聖墓に入るには、入口を守る村人を殺す必要があった。
ビットリオは他の方法を見つけるよう命じたが、タルホーシュはビットリオが野営地に戻った隙に地下聖墓に突撃し、謎の石を手に入れた。
タルホーシュはビットリオをポルトスクーロの地下牢に入れ、石の秘密を教えるよう要求したが、ビットリオは教えなかった。
タルホーシュはビットリオの家族や友人を拷問し、その死体を村の通りに並べたが、ビットリオは秘密を明かさなかった。
怒ったタルホーシュはビットリオの財産で軍を組織し、グラルディア・コンパニーアを襲撃し、取り巻き達を解放した。
周辺の領主はポルトスクーロ解放を訴えて軍を送った。
タルホーシュは正当な罰としてビットリオを殺す為に地下牢に入ったが、ビットリオはどこにもいなかった。
襲撃の音を聞いたタルホーシュは地下牢から戻り、次々に敵を殺した。
死体から奇妙な霧が立ち上がり、タルホーシュが気付くと死体が散乱する村にいた。

ナイトメア(フレディ)

フレディ・クルーガーは存命の時から怪物だった。
スプリングウッドの親達はフレディを追い詰めて鬼畜を焼いた。
年月が流れ、フレディは帰還した。
フレディはナンシー・ホルブルックに復讐を試みたものの、ナンシーは友人のクエンティンと共にフレディを切り裂いた。
しかしフレディは3度蘇った。
狙いをクエンティンに切り替え、毎晩悪夢で脅かした。
フレディはバダム幼稚園の世界でクエンティンを追い詰めたものの、振り下ろした爪から火花が散って床の液体に青い炎が上がった。
しかしクエンティンがフレディの地下室から逃げ出す術は無かった。
フレディがクエンティンに爪を振り下ろすと、闇に覆われた何かを感じた。
落下するような感覚を経て、フレディは再びバダム幼稚園にいた。
しかしそこはフレディの世界ではなかった。

ナース(サリー)

サリー・スミッソンは夫アンドリューの建てた家で暮らす夢を見て町に来た。
しかしアンドリューの親方がサリーを訪ねた時、サリーの人生は永遠に歪んだ。
サリーはクロータス・プレン・アサイラム以外に仕事が見つからなかった。
サリーの待遇は最低で、辛い夜勤担当をした。
長年、おぞましい物を見続けたせいで、サリーの精神は耐えられなくなり、心の浄化願望が膨らんだ。
ある9月の朝、病院に出勤した職員が50以上の患者の死体と4人の職員の死体を発見した。
唯一サリーだけが生き残り、呆然としていた。
サリーを乗せた救急車は木に激突したが、サリーは行方不明となった。

ネメシス

タイラントT-103型の生体兵器はNe-α寄生体の投与で知能と認識力が向上した。
初の任務はSTARSの抹殺だった。
ネメシスはジル・バレンタインを何度も追うが、標的は追跡を逃れてしまった。
ジルを追い詰めたネメシスは、後少しという時に奇妙な霧に包まれた。
極度の寒さや酸素の薄さは脅威ではなかった。
重要なのは任務を続行する事だけ。
STARS抹殺の邪魔をする者は片っ端から殺す。

ハグ(リサ)

リサ・シャーウッドは幸運のおまじないが好きだった。
ある夜、帰宅中に森を抜けると、突然激しい嵐に襲われ、転んで頭を打った。
意識が遠のく中、木々の間から近づく黒い影を見た。
その影は飢えた笑顔を見せ、リサは邪悪な企みを感じた。
影はリサを地下室に監禁した。
そこに傷口に蝿が集っている囚人がいた。
囚人達は食人グループの錆びたナイフで肉を切り取られて死んだ。
リサは飢餓で腕が痩せ細り、手枷に隙間ができた。
リサが腕を引っ張ると、皮膚や筋肉を引き裂きつつも自由になれた。
リサの肉からは黄色い膿が吹き出し、腐った傷跡には骨が見えていた。
リサは一歩も動けなかったが、おまじないの印を描いた。
その時、血を求める黒い飢餓がリサの中で蠢き、リサは復讐を選んだ。
警察は沼の古い小屋に辿り着いた。
住民がバラバラに解体されていたが、リサの死体は見つからなかった。

ハントレス(アナ)

アナの母はアナが歩けるようになると、北部の森で生きる教育をした。
アナと母は大きなヘラジカを追跡していた。
危険な獲物だが、その冬は食料がほぼ尽きていた。
ヘラジカは穴に向かって突進した。
恐怖で硬直したアナを庇い、母はヘラジカの角に突き刺され、空中に持ち上げられた。
母は斧を何度もヘラジカに振り下ろし、ヘラジカは崩れ落ちた。
アナは重傷の母を動かすには幼すぎた為、母に寄り添うしかできなかった。
母はアナが大好きな子守唄を歌い続けた。
母とヘラジカが冷たくなり、アナは帰路に着いた。
生き残る知識があったアナは成長し、強くなった。
アナは狐、兎、イタチに飽きて狼や熊を狩るようになった。
ある時、旅行者が森を通ると、アナは新しい獲物を発見した。
アナは旅行者の道具や衣服を集めるのを好んだ。
しかし絶対に少女を殺す事は無かった。
少女達は森の奥の住居に連れ去られ、首に縄をきつく結びつけられた。
少女を見つめるアナの心の奥で何かが目覚めた。
寒さや食糧不足、病気で少女達は死んだ。
アナの心は狂気に沈んだ。
アナは近隣の村から少女を誘拐するようになった。
アナは少女達が怯えないように、動物の仮面を被った。
村人達はレッドフォレストに潜む、少女を食らう半人半獣の怪物ハントレスの噂を語るようになった。
その森にドイツ軍が現われ、ロシア帝国を攻撃する為に行軍するようになり、旅行者はいなくなった。
兵士の多くは斧による重傷を負って発見された。
いくつもの小隊が失踪を遂げた。
戦後、ハントレスの噂はレッドフォレストの中に消えた。

ヒルビリー

裕福な地主の両親(マックス・トンプソン&エヴリン・トンプソン)は容姿が醜いヒルビリーに名前すらつけずに疎んじた。
そして幽閉して壁の穴から食事を与えていた。
長じたヒルビリーはそこを抜け出すと両親を斬殺した。
その後、トウモロコシ畑(コールドウィンドファーム)で動物を斬殺する生活を始めた。
後の捜査で夫妻の死体は見つからなかったが、動物の死体が散乱していた。
農場は廃棄させられ分割売却されたが、家屋を買う者はいなかった。

ブライト(タルボット)

スコットランド人の化学者タルボット・グライムズは、子供の頃にジギタリスの実験をして命を落としかけたが、回復した彼は毒物に興味を持つようになった。
ロンドン医大を卒業後、イギリス東インド会社で7年働き、化学者として主任の地位に就いた。
そこで生産性を増加させ、休息の必要性を軽減する化学物質を開発した。
その後、インド沿岸沖のダイアー島の捕虜収容所地下の秘密研究所の所長となり、苦痛に耐える兵士を作る薬の開発を行った。
大半の副作用は軽度だったが、一部の兵士は狂気に陥り、村で大虐殺を起こし、村人を銃剣で刺殺して木に吊した。
タルボットは戦争下の誇張された噂話と否定した。
マンガロールを旅行中のタルボットは、襲撃受けて後頭部を鉄パイプで殴打され、ワゴン車に乗せられた。
襲撃者は具合の悪そうな男で、タルボットを共同墓地に連れて行った。
タルボットの薬で工場1つ分の労働者が死亡していた。
鉄パイプが何度も振り下ろされ、タルボットは共同墓地に投げ入れられた。
タルボットが気付くと修道院を装った学校のベッドで寝ていた。
修道僧は禁忌の文字を研究していた。
それは1つの次元と別の次元を繋いで新たな精神を拡張する取り組みだった。
タルボットは自身が開発した薬と精神拡張理論を統合させた。
自分を救ってくれた厚意として、自分が完全回復するまで研究する事になり、松果腺から抽出した物質を修道僧は魂の化学物質を呼んだ。
研究が成功に近づくと、修道僧はタルボットに不安な目を向けるようになった。
タルボットが気付くと阿片窟のマットレスで寝ていた。
タルボットは慌てて自分の手記を探したが、ローブを着た者がタルボットの腕に針を刺すると、タルボットは再び闇に包まれた。
目覚めは回数を増すごとに不明瞭になっていった。
石を拾って研ぎ、囁き声を壁に刻んだ。
書く場所が無くなると自分の胸に刻んだ。
するとオレンジ色の花が咲いた壮大な草原が見え、子供の頃に毒物に魅了された不思議な感覚を覚えた。
その後、阿片窟の住人は血塗れの床の亀裂に小さな小川が流れているのに気付いた。
周囲の壁に同じ文章が何度も書かれていた。
「死は始まりに過ぎない」と。

プレイグ(アディリス)

アディリスは7人家族の末っ子だった。
5歳の頃、バビロン中心部の浄罪神殿の階段に置き去りにされた。
神の意志の介在と思う事でアディリスは悲しみを乗り越えようとした。
新しい生活は奴隷のようだった。
成人したアディリスは高位司祭に随行し、水と創造の神である山羊座への礼拝に参列した。
大列柱室で吊り香炉を揺らすと黒い煙が広がり、アディリスは無上の幸福感を覚えた。
神殿の外では疾病が猛威を奮っていた。
司祭達も疾病に罹り、儀式を行えなくなった。
儀式を行えるのはアディリスだけとなった。アディリスは最初の儀式の前に聖所を訪れた。
その奥に通路があるのに気づき、地下の穴蔵を発見した。
その部屋には黄金の女神像があった。
それはアディリスが求めていた奇跡だった。
アディリスが大広間に現われると、ルビーの指輪を填めた指が儀式用の銀の短剣を包む高貴な姿に、信者達は目を瞠った。
アディリスが創造の叙事詩の詠唱を始めると、背後の女性が気を失って倒れた。
アディリスはその女性の足に黒い水膨れがあると気づき、躊躇無く短剣で自分の足の指を切り落とした。
アディリスは自分の体の一部を神々に献上し、その女性を守るよう祈りを捧げた。
信者達はアディリスを新たな司祭として崇めていた。
アディリスの美貌と献身の物語は疾病と同じくらい街に広がり、信者達はバビロンの女祭祀長と呼ぶようになった。
しかしアディリスは感染の兆候が現われた。
アディリスは痰と血の混じった咳をして、首には発疹が吹き出た。
その容貌をヴェールの付いた頭飾りで隠し、疾病の皮膚から漂う悪臭は香炉で誤魔化した。
どれだけ儀式を行ってもアディリスの症状は治らなかった。
アディリスは少数の信者を率いて北へ向かった。
ウラルトゥの森林地帯を抜け、野営を行った洞窟でアディリスは吐瀉物の中で横たわっていた。
黒変した足は腫れ上がり、これ以上歩くのは不可能だった。
アディリスは信者の中で跪いて最後の祈りを捧げた。
湿った空気の中に立ち上る香の黒煙が、冷たい風に吹き飛ばされた。
アディリスと信者の死体は見つからなかった。

レイス(オジョモ)

フィリップ・オジョモは、オートヘイヴンレッカーズで働くスクラップ業者だった。
そこは警官を買収する裏取引に使われていたが、オジョモは自分には関係無い事と無視していた。
ある日、プレス前の車のトランクから手を縛られ口を塞がれた若い男を見つけた。
オジョモは男を逃がすものの、雇い主が男の喉を切り裂いた。
雇い主は「今まで潰した車には生きた人間が入っていて、それが顧客に提供しているサービスだ」と説明した。
そして雇い主が「オジョモは処刑人だった」と告げると、激昂したオジョモは雇い主をプレス機に放り込んで潰した。
その後、オジョモを見た者はいない。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人へのお問い合わせ

このページの先頭へ