Shadowplay(インスタントリプレイ)を試してみた

GeForce搭載の新しいノートPCを買って、後から振り返って録画可能な「Shadowplay」を導入してみた。

今は「インスタントリプレイ」という名称に変わってた。

nVIDIAのGeForce Experienceというアプリの機能の1つとして統合されてる。

GeForce Experience

アプリの起動にはnVIDIAのアカウントが必須

インスタントリプレイの使用には、GeForce Experience起動後に設定を変える必要がある。

  1. 設定画面の「Share」という項目をオンにする。
  2. 更にShareの設定として「インスタントリプレイ」をオンにする。

これでAlt+F10を押すと、起動中のゲーム画面を5分振り返って録画できる。
分数は最大20分まで設定可能。

録画ファイルのサイズは、1280*800のサイズだと何と1GB以上。
動画のコーデックは不明。
ゲーム中でも保存できるって事を考えるとMPEG1かな

調べたらmp4だった。
ファイルサイズが大きいのは高画質設定なのと、FPSが60なのが原因だった。

Shareの設定の「録画」の設定で、画質と録画時間を変えられる。
低画質で10分だと高画質で5分と同じくらいのファイルサイズ。

他、Alt+F9で手動録画オンオフ。
Alt+F8でブロードキャストのオンオフ。
ブロードキャストはいわゆる「ゲーム実況」用。

nVIDIAテレメトリを停止させる方法

後で気付いたのだけど、nVIDIAテレメトリを停止させる方が良いみたい。
この機能はnVIDIAにデータを勝手に送信しているらしいので。

NVIDIAが最新GPUドライバに仕込んだデータ送信機能「テレメトリ」を簡単に削除する方法

NVIDIA Adds Telemetry to Latest Drivers; Here’s How to Disable It (Update) – MajorGeeks

リンク先にも説明があるけど、要点は「NvTmで始まる自動実行設定を探して停止させる」こと。

探し方はMicrosoft Autorunsというフリーウェアを使うだけ。

インストールも不要で、圧縮ファイルの解凍後に「Autoruns.exe」(64bitOSならAutoruns64.exe)を実行。
ただし「管理者権限」で実行する必要がある。

起動すると「自動実行設定」が自動でサーチされ、リスト化される。

その中から上記の「NvTm」で始まるプログラムを探して、左のチェックボックスを外すだけ。
nVIDIAテレメトリーの停止
念の為に「NvTelemetryContainer」も外しといた。

作業が終わったらAutorunsの右上の閉じるボタンをクリックして終了。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人へのお問い合わせ

このページの先頭へ