マリオ64は認知症改善に効果があった

マリオ64がアルツハイマー症の予防に効果があったらしい。

Playing Super Mario 64 increases hippocampal grey matter in older adults

「スーパーマリオ64」が脳をアルツハイマー病から守るのに役立つという驚きの研究結果

モントリオール大学の研究で、アルツハイマー症の特徴として海馬の灰白質の減少に着目。
33人の55歳~77歳の老人を以下の3つのグループに分類。

Aグループはコンピュータソフトでピアノを弾く。
Bグループはマリオ64で遊ぶ。
Cグループはマリオ64を1日30分、半年間遊んでもらった。

6ヶ月後の脳スキャンで半年間遊んでいたグループの海馬の灰白質が最も増加していた
BグループはAグループよりも認知機能が改善していたものの、Cグループのように海馬の灰白質増加は見られなかった。

ゲームなら何でも良い訳では無く、例えばFPSはむしろ灰白質の減少が報告されているらしい。

マリオ64が良いのは、立体的な世界を探索する為に頭の中に地図を作って覚えようとする事
このような脳内地図作りはマウスの実験などでも有効だとわかっているらしい。

FPSも地図を作って覚える点は同じだろうけど、対戦って所がストレスなんだろうか。
海馬はストレスを感じると死んでしまうんだよね。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人へのお問い合わせ

このページの先頭へ