DbD知っておいた方が良い事

最近、DbDがSteamで半額で売ってたのを買って遊ぶようになったので、攻略メモをまとめた。

コード入力で配布アイテムを貰う

ストア→右上の引き替えコードに以下のコードを入れるとアイテムが貰える(期間無制限)。

プライドの羽(魔除け)
CAWCAW

虹色の旗(魔除け)&プログレスフラッグ(魔除け)
PRIDE

子犬の戦士(魔除け)
WARRIORPUPPERS

Amazonプライム会員は月毎にアイテム(装飾品)を貰える。
Prime Gaming
当該ページで自分専用コードをコピペして、同様にストアに入力すると貰える。

DLCのシェリルかエクセキューショナーを選択して、メニュー画面に戻り、以下のコナミコマンドを入力すると魔除け「ビックバイパー」が貰える。
※ゲーム機では不可らしい(?)。

WWSSADAD右クリック左クリックEnter

成功するとBGMが鳴る。
魔除けリストを見ると入手している。
入力が遅すぎるとダメ。
ある程度速いテンポで入れる。

DbDビッグバイパー

カメラのリバース

私が遊んでいるのはSteam版だけど、右スティック(カメラ操作)がリバースに対応していない。
DbDの設定でリバース可能なのはY軸のみ。
なのでSteamのコントローラ設定でY軸とX軸をリバースにした。
SteamのリストのDbDを右クリック→管理→コントローラレイアウトを開く。
右スティックをクリック→追加設定→水平軸反転と垂直軸反転をそれぞれ「オン」にする。

低音が響くイヤホンを使う

低音が響かないイヤホンだと生存者の足音が聞き取り難いので、生存者を見つけ難い。
キラーの接近音が聞き取り難い。
キラーの脅威範囲の心音が聞き取り難い。
なので対戦が不利になってしまう。
特にスピリットはフェーズウォークで生存者の姿が見えないので音で索敵が重要。

視野角を変える

視野角変更は7.5.0で実装された機能。
最少87~最大103の範囲で変えられる。
画像上は87、下は103。

DbD視野角87

DbD視野角103

スキンはイリデンスシャードで交換できる

DbDのオリジナルキャラのスキンは登場時は有料だけど、1ヶ月経つとイリデンスシャードで交換できるようになる。
※コラボキャラは有料のみ。
なので、すぐに欲しいのでないなら、1ヶ月後にシャード交換開放まで待つのが無難。

回線のpingを見極める

※この機能は現在では無くなっているみたい

日本からだとアジアの様々なホストと繋がるけど、中国や東南アジア辺りだとpingが200超えとかでまともに遊べない。
キャラクターの位置が1秒前くらいの位置に巻戻ったり、板を飛び越えようとしても反応が遅くて切られてしまう。
対戦前のpingを確認するにはチャット入力欄の右の小さい縦棒を見る。
生存者が4人、キラーが1人揃うと、ここに縦棒が現われる。

ここが緑なら快適(99ms以下)、黄だと100ms以上でラグが微妙に発生する、赤は250ms以上でキャラクターの巻戻りが多発する。
なので赤だったら退出推奨。
ただし緑のホストはなかなかマッチングしないので、黄ならOKと妥協するしかない。

画質はLOW

歯車アイコン→グラフィック→クオリティはLOWがお勧め。
なぜならLOWだと発電機後退中の火花が遠目でも見易いから。
他、自動調整はオフ。
16:9のスペクト比もオフ。
垂直同期もオフ。
アンチエイリアシングもオフ。
なぜなら画面がもっさりしがちだから。
要は処理が重くなる設定はオフ推奨。

チュートリアルをやっておく

メニューの「開始する」→「チュートリアル」を全てこなすと20万ブラッドポイント貰えるので、やっておく。

まずブラッドポイント(BP)を稼ぐ

BPはパーク(スキル)や道具を獲得するのに必要。
まずブラッドポイントを溜めてブラッドウェブで道具やパーク、アドオンを手に入れる。
パークや道具、アドオンが無いと不利すぎる。

BPを効率的に稼ぐ倍率ボーナス

オファリングの中にはブラッドポイントにボーナスが付く物もある。
このボーナスはリザルト画面で「ゲーム後ボーナス」と表示される。

マッチングボーナスもある。
キラーorサバイバーの内、人数が少ない側にBP倍率がつく。

対戦1回のブラッドポイントは、倍率計算は基本スコア*倍率(マッチングボーナス+オファリング)みたい。

キラーorサバイバーが少ない時のマッチングボーナス100%+100%ボーナスが付くオファリングだと、4~5万は貰える。

イベント期間中はBP2倍になることが多い。
期間中に100%オファリングを使うと3倍になる。
マッチングボーナスもあると4倍で、通常なら2万くらいなのに10万近く貰えたりする。

ただし最大200万までなので溢れないように注意。
※オンライングレードリセットやイベント時のボーナスで貰うBPは溢れても加算される

キラーの物を持ち帰るとBPボーナス

キラーの物(ギミック用のアイテム)を持った状態で脱出するとボーナスポイントが貰える。
ボーナスは脱出時の右に出るBP加算通知で分かる(括弧内はボーナスの名称)。

セノバイトのルマルシャンの箱(快楽の追求者):2500BP
貞子のビデオテープ(呪い回避):1000BP※呪いゲージ最大(赤)で脱出
ネメシスのワクチン(ワクチン泥棒):250BP
ウェスカーの救急スプレー(追加投与):100BP
エイリアンのタレット(タレットのお持ち帰り):1000BP

プレステージ

プレステージは2022年7月のV6.1.0で実装された仕組みらしい。
ブラッドウェブLV50でプレステージが上がる。
LV50まで上げるのには、大体100万ブラッドポイント必須(エンティティにわざとマスを奪われる方法で節約可能)。
プレステージ3でキャラ毎の固有パークを他のキャラでも使えるようになる。
プレステージを上げるには更にブラッドポイント2万必要。

ブラッドウェブを効率よく進める

ブラッドウェブはいわゆるスキルツリー方式で、初めは内側6つしか取れず、隣接するマスを順に取れるようになる。
ブラッドウェブLV15まで上げないとパークを4つ装備できないので、まずはLV15を目標にする。
貰えるブラッドポイントは対戦中の貢献度で増減する。

ブラッドウェブLV10になるとエンティティによる妨害が始まり、こちらがマスを5個取ると、エンティティがアイテムやパークを横取りする。

早くLVを上げた方がより少ないブラッドポイントでプレステージを上げられるので、意図的に横取りされ易く誘導するのがお勧め。

DbDエンティティを誘導する

エンティティはプレイヤーが取ったマスの反対側のマスを取り始める傾向があるので、取らせたいマスの反対側のマスを取ると誘導できる。
また、エンティティはブラッドウェブの外側から横取りする傾向がある。

パークのマスが2個以上ある場合、こちらがどれかのパークを取ると、エンティティは残りのどれかのパークを取る習性があるので、誘導に利用できる。

試合の貢献度でEXPとBPが決まる

生存者の貢献度は発電機の修理、吊られた味方を助けたり負傷を治療する、キラーに追われて逃走に成功、トーテムやフックを破壊するなどで評価される。

キラーの貢献度は生存者を負傷させたり吊ったり殺す事で評価される。

オンライングレードでボーナスBPが貰える

対戦中の行動でグレードが評価される
グレードはマッチングに関係しない

グレードは灰銅銀金彩(赤)の5種で、それぞれIV~Iまで4段階。
評価が悪くても下の段階までは下がらないが、銅以上は評価が悪いと(評価ゲージの黒いメモリ以下)各段階の白い点が減らされゼロまで下がってしまう(下の段階には下がらない)。
DbDオンライングレードのメモリ

グレードは毎月13日にリセットされる
グレードのリセット日に、グレードに応じたブラッドポイントが貰える。
DbDオンライングレードのリセットボーナス

生存者グレードの評価に影響する要素

善良な意志:
生存者が吊されると全員がマイナス評価。
フックから救出するとマイナス評価は取り消し。
救出した人はボーナスが付く。
ただし安全でない状況で救出するとマイナス評価。
その他、治療、キラーをスタンして抱えている生存者を助ける等で評価が上がる。

逃走者:
キラーが近くにいるのに隠れ続ける、またはキラーから逃げ続けると評価される。
15秒毎に評価され捕まると半減。
板でキラーを怯ませてもボーナス。

光をもたらす者:
発電機の修理で評価される。
他、トーテムの浄化、出口を開くと評価される。
慈みのトーテムに変えるのは評価されないので注意。
自分が追われている状況で他の生存者が発電機を修理しても少し評価される。

折れない心:
一度も倒されずに脱出すると「彩」(赤)評価される。
一度でも倒れると「金」。
殺された場合は生存時間で評価され、最高でも「銀」。

キラーグレードの評価に影響する要素

追跡者:
生存者を発見する。
追跡で勝利する=追い付いて攻撃するorダウンさせる。
フックに吊した生存者のそばに居続けると評価が下がる。

信仰する心:
生存者を儀式で処刑する=フックに吊して殺す。
他、トラバサミで殺害、メメントモリで殺害も評価される。
生存者が失血死すると評価されない。
生存者を9回吊ると彩評価。

扉を守る者:
最初の9分間は毎分加算される。
9分以降は残っている発電機の個数で加算される。
生存者が脱出しても、閉まった出口があると評価される。

邪悪な意思:
生存者を傷付ける、行動を妨害する、倒す。
生存者をフックに吊す度に評価される。

キラーのマッチング

キラーはブラッドウェブLVが15以上じゃないとマッチングまでメチャクチャ時間がかかるらしいので、サバイバーでブラッドポイントを溜めてキラーのLVを上げるしかない。
※LV15まで上げてもマッチングしなかった。LV30まで上げるとようやくマッチングできた。

闇の霧

概ね生存者有利要素らしいけど使ってるのを殆ど見た事が無い。。
暗いマップで霧が濃いとキラーに見つかりにくいけど、明るいマップだと無意味。
鬼ごっこになると生存者は逃げにくい(見通しが悪くなるから)。
隠密系キラー(レイスなど)に気付きにくいので不利になる。

トーテム(頭蓋骨のオブジェ)

キラーが触ると生存者に不利なスキルが発動する(呪術トーテムという炎に焼かれる頭蓋骨に変わる)。
エリア内に5つ出現する。
場所はランダムだけど、エリアの端とか角に現われる傾向がある。
トーテムは岩陰、障害物の隙間、ロッカーの脇などに出現する。
キラーが触ってない無力トーテムを破壊するのは余り意味が無い。
トーテムを破壊するとキラーにバレる。

恵みのトーテムは清め扱い

生存者がパーク(恵み:指数関数)で恵のトーテムに変えると、落雷のような音が聞こえ、水色オーラが可視化される。
恵みのトーテムは「清め」で「浄化」ではない。
よってトーテム浄化に関わるパークは適用されない。

パーク

死んでも消えないスキル
アンコモン、レア、ベリーレアの3種
アンコモンから順に取得しないとベリーレアは出現しない

目立つアクションとは?

一部のパーク(決死の一撃やオフレコ)は以下の目立つアクションに反応して無効になる。
我慢が付いていると我慢も無効になる。

自分や他人を治療しようとする
フック救助しようとする
フックを破壊しようとする
発電機を修理しようとする
トーテムの浄化や祝福をしようとする
通電する

これらのアクションを始めた時点で目立つアクションが成立する。

カラス

マップのあちこちにいるカラスはキラーやサバイバーが接近すると飛び立つ。
15秒後に元に位置に戻ってくる。
ただしサバイバーがしゃがみ歩き、キラーもピッグやゴーストフェイスはしゃがみ歩きすると飛ばない。
サバイバーが歩く場合は飛ぶ飛ばないはランダムに決まる。
カラスが飛ぶと、そこに誰かがいると分かる。
キラーの索敵の手掛かりになったり、サバイバーがキラーの接近に気付く手掛かりになる。

相性の悪いパークの組合わせがある

共鳴する苦痛とデッドロックを同時に使うと、発電機がデッドロック中に共鳴フックに吊るしても25%後退しないし、共鳴のトークンは減ってしまう。
※バージョン7.xの仕様。

同様にデッドロックと景気づけも、デッドロック中の発電機に景気づけは入らないので注意。
※ただし徐々に後退する効果は入る。入らないのは発動時の8%後退だけ。

アイテム&アドオン

死ぬと消える道具
アイテムは主道具
アドオンは主道具に追加するパーツ
生存できると消えない
レアなアイテム&アドオンは学術書(ミッション)達成の為に使うのが賢明。

オファリング

ゲーム開始時に消費される追加効果
ブラッドポイント増加、宝箱追加、運の上昇など
重複不可なオファリングを複数人がセットしていると、どれか1つが燃やされて他は保留となる。

即死オファリング

キラーのシークレットオファリングにメメントモリという即死させるスキルがある

対戦開始時のオファリング一覧で、裏向きになる(シークレット)と即死オファリングの可能性が高い。

メメントモリは生存者を一度吊った後、ダウンさせると発動可能になる。
なので、メメントモリを持ってそうなキラーとの対戦は、吊られた生存者はある程度は放置するのが無難。
すぐに救出→再びダウン→即死となりかねない。
ただし内なる邪悪IIIという条件だけでいきなり即死できる「ジュディスの墓石」というアドオンもある(シェイプというキラーのみ)。

チェスト

エリア内にチェストが3つ、ランダム設置される。
キラーの地下室に確定で1個現われる。
中身は主道具がランダム封入。

始めから素手か、持ち込んだ主道具と交換で生存後に持ち帰れる

漁り中はキラーに直に担がれてしまうので注意。
てか、キラーが接近していたら逃げた方がいい。

学術書

いわゆる「ミッション」とか「チャレンジ」で、達成するとブラッドポイントや衣装、魔除けが貰える。
衣装や魔除けはただの着せ替え要素。
一部はキャラクターのショートストーリーが読める(アイコン右上に紙片マークが付いてる)。
ツリー形式だけど2~3個から任意選択可能で有効化は1つのみ。
有効化してないと判定されない。
期限は90日。
期限後は「抄録」で再プレイ可能(衣装や魔除けは無いがブラッドポイントは貰える)。

リフト

ティアの欠片を獲得すると開放できる。
500XPでティアの欠片が1つ貰える。
学術書を達成するとティアの欠片3~5個貰える。
ティアの欠片10個でティアが1つ進む。
ティアは計70個。
基本的にはプレミアム有料コンテンツで、ティアに応じて衣装とオーリックセル(ゲーム内通貨)が貰える。
プレミアム開放は1000オーリックセル(1080円で1100オーリックセル)必要。
無料のままでも衣装を10数個貰える。
これも学術書同様、期限90日。
有料で「パスを解放」すると、より多くの報酬が貰えるけど、有効期限までに全部(70ティア)開放しないと無駄になる。
※課金してもティアは上述の方法で進ませるしかない。

デイリーリチュアル

いわゆる「デイリーミッション」で、同時に3つまでランダムに選択される。
ゴミ箱アイコンで1日1個まで消去して新たなリチュアルを表示できる。
デイリーという名称だけど、実は有効期限は無い。

シュラインオブシークレット

ストア→シュラインオブシークレットで、週替わりでパークが手に入る。
水曜に更新される。
イリデンストシャードが必要。
イリデンストシャードはXP獲得や目標達成で入手できる。

地球儀マーク

名前の右の地球儀マークはゲーム機で接続しているという意味。
※DbDはゲーム機もPCも一緒に遊べるマルチ対戦対応。

チートの種類

DbDのチートの種類を把握しておくと、チーターに協力するのを避けられる。
生存者がキラーから逃げずに指差しする場合、あいつがチーターだと教えているらしい。
それを利用して濡れ衣着せているのかもしれないけど……。
チートの疑い濃厚ならリザルト画面で運営に通報するのが無難。

高速化:
異様に走るのが速い。
なのですぐバレる。

微加速:
常時「迅速」(移動速度+3~7%)が付いているようなチート。
微妙に速くて、キラーがなかなか追いつけない。
あからさまに異常速度なチートに比べてバレにくい。

テレポート:
マップの端から端まで転移できる。
普通に移動できるはずがないので、すぐバレる。

微テレポート:
1~2メートル程度、微妙にテレポートするチート。
キラーが攻撃しようとすると、左右にふっと飛ぶ(ラグい可能性も有り)。
これもあからさまにエリア端まで飛ぶようなチートに比べてバレにくい。

ジャンプ:
DbDにジャンプアクションはないのに、ジャンプできる。
建物の屋根に登ったりする。
テレポートハックの変種。

オーラ可視化:
常に色んなオーラが見えている。
オーラが見えるパークやアドオンもあるので、バレにくい。

高速治療:
治療速度が異様に速い。
または一瞬で治ったりする。

治療&発電遅延:
治療速度、発電機修理速度が異様に遅くなる。
あからさまなのですぐにバレる。

キャラ入れ替え:
本来はサバイバーなのに、キラーになる。
なのでキラーが2人になったり3人になったりする。

運営に届くのはチート報告だけ

リザルト画面でプレイヤーの右のアイコンで運営にレポートを報告できるけど、実はチート報告だけが有効。
他のはダミーで、何のパケットも送信してないらしい。

匿名モードは使わない

匿名=チーターという印象が広まっているので、匿名モードを使うとチーターと疑われてしまう。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村

この記事の短縮URL
上部へスクロール