FF14吟遊詩人のスキル回し

詩人のDPSを上げたく、色々スキル回しを調べてみた。
今まで興味なかったのだけど、さすがに真成編第4層は超える力込みでもDPSが出ないとキツイので……。

詩人のDPSを上げる基本
詩人が使えるスキルとアビリティ
詩人のスキル回し
旅神のメヌエットの検証
パッチ3.01以降のスキル回し考察
旅神のメヌエットは入れっぱなしがいいのか切り替えがいいのか
エンピリアルアローの3バフと2バフの威力比較
パッチ3.3で強化されたスキルとアビリティ

詩人のDPSを上げる基本

詩人は基本的にクリティカルを重視する

スキルスピードは100でGCD(Global Cool Down)スキルが0.1秒早くなる程度。
GCDスキルとは、リキャストタイマーを共有するスキルのこと。
クリティカルは20で1%の割合でクリティカル率が上昇する。
なのでクリティカルの方が効果が高い。

ブラッドレッター(やリキャストタイマーを共有するレイン・オブ・デス)は、ベノムバイトやウィンドバイトの継続ダメージがクリティカルした時に50%の確率でリキャストタイムが0になる。
これをProc(語源はProcedure)と呼ぶらしい。
このクリティカルを多く発生させてブラッドレッターを1発でも多く撃つことが重要。
複数のザコと戦う際は、ベノムやウィンドをザコに次々に入れてブラッドレッターやレイン・オブ・デスがクリティカルしやすいようにする。
ただしこの場合はザコの数を減らすのが遅くなるので、タンクがペラい時は数を減らすことを優先

またクリティカルはオートアタックにも適用される
詩人はオートアタックが全ダメージの3割を占めるので、オートアタックがクリティカルするチャンスを増やして、火力を向上させる。

意志力はパッチ3.0で弱体化されたけど、オートアタックのダメージを増加させる
意志力も増やして与ダメージを積み増しする(チリも積もれば)。

パッチ3.0ではスキルスピードが与ダメージに影響するようになったので、
意志力よりもスキルスピードが重要なのかもしれない。
私は今、ゾディアックウェポンのスキル割り振りをクリティカルとスキルスピードに変えたものを転写中だけど、これが効果的かは完成後に使ってみないとわからない。
まあ他の人が検証するだろうと思うので……。

ゾディアックウェポンはもうゴミ武器になってしまったので、この計画は中止した。

IDを通して詩人のDPSを上げるには、ザコにDOTを撒くことが重要らしいけど、
その場合はタンクが狙っている最初の1体目を倒すのが遅れる。
その分、タンクの被ダメージも増えて、ヒーラーの負担も増える。
その代わりに2体目、3体目を倒すのが早くなる。
最初の1体目を倒すのが遅れても被ダメージや回復負担が問題ないレベルのIDでしか、DOTバラ撒きは使えない。
エンドコンテンツではザコを1体でも早く処理するのが重要なので、エンドコンテンツではDOTバラ撒きは使えない。
ただしブラッドレッター回しは重要なので、エンドコンテンツでも最低限のDOTを入れておくしかない。

詩人は動きながらでも攻撃できるので、ギミック回避などで動いている時でも攻撃の手を休めないようにする。
メヌエット状態だとインスタントで攻撃できる「フェイント」が重要。

パイオンはTP回復ではなく、気合のリキャストの間にTP減少を抑える為に使う予防的な歌。
TP消費が最も早いモンクは、最適なスキル回しだと1分半くらいで気合を入れている。
ここから次に気合を使えるようになるまで、パイオンでTP減少を抑える。

白魔の女神の加護+バラード+バトルボイスで2500程度回復できるので、最大MPが2500~3000くらい減っていたらバラードを入れる。
ただし火力チェックフェイズなら、火力を出すことを優先する。
学者はエーテルフローでMP回復できるのでMPは気にしないでOK。
もちろん学者でも大幅に減っている場合はバラードを歌う。

詩人が使えるスキルとアビリティ

詩人に限らずスキル回しの基本は、GCDスキル(ウェポンスキル)のリキャストの間に非GCDスキルを使う。

詩人のGCDスキルは以下の通り。
カッコ内は(威力)。
リキャストタイムはスキルスピード依存なので割愛。
DOT(Damage Over Time)は3秒毎に1回の間隔で継続ダメージが入る。

ヘヴィショット(150)
ストレートショット(140)
ベノムバイト(100+35*18s/3s=310)
ウィンドバイト(60+45*18s/3s=330)
ミザリーエンド(190)
クイックノック(110)
ワイドボレー(110)


詩人のアビリティ(非GCDスキル)は以下の通り。
カッコ内は(威力)(リキャストタイム)。

ブラッドレッター(150)(15s)※レインオブデスとリキャストタイマーを共有
レインオブデス(100)(15s)※ブラッドレッターとリキャストタイマーを共有
パッチ3.0でレインオブデスがブラッドレッターのProcを共有するアビリティとなったので、範囲焼きではレインオブデスのProcを発生させることが重要となった。

ブラントアロー(50)(30s)
リペリングショット(80)(30s)
フレイミングアロー(35*30s/3s=350)(60s)
エンピリアルアロー(220)(スキルスピード依存。15sくらい)※3.0で実装
サイドワインダー(100/175/250)(60s)※3.0で実装

以上の威力から、アビリティ使用はフレイミングアロー設置が最優先かと。
次にDOT2種を入れて、ブラッドレッター(レインオブデス)Proc発生率を上げる。
あとはヘヴィショットを撃ちつつ、GCDの合間にアビリティを撃つ。

アディショナルは
「捨身(与ダメージ10%増加と被ダメージ25%増加」
「気合(TP400回復)」
「発勁(クリティカル10%増加)」
「内丹(最大HPの25%を回復)」
「キーンフラーリ(受け流し80%増加。ソロ時)」または「フェイント(インスタントに攻撃できるGCDスキル)」
が良いかと。

スロウが入る敵なら「フェイント(スロウ10秒)」もアリ。
例えば、極タイタンの心核にはスロウが入り、その分「大地の怒り」の発動が遅れる。

メヌエット時でもフェイントは詠唱なしで即時発動なので、フェイントを使うことでギミック回避時でも移動しながら攻撃できる。

詩人のスキル回し

メヌエット込みのスキル回しは後述。
ここでは非メヌエット時のスキル回し。
メヌエットは低レベルコンテンツでは使えないので、非メヌエット時のスキル回しも重要。

ストレートショット(クリティカル10%増加)は必ず入れ、切らさないようにする。
発勁(クリティカル10%増加)も合わせて入れる。
詩人の総予ダメージの3割はアートアタックなので、オートアタックのクリティカル発生率を上げることで総予ダメージを底上げする。

乱れ打ちはパッチ3.0で、オートアタックが3連発になるという効果が無くなり、効果時間内(10秒)にWS(ウェポンスキル)を使うとそのスキルが3発判定になる、と修正された。
なお、アビリティには乱れ打ちが乗らない。
また乱れ打ちにはクリティカルが発生しなくなったので、発勁中に乱れ打ちを入れるのは無意味になった。
詩人のWSの内、最大の威力はエンピリアルアローだけど、ここでは非メヌエット時のスキル回しを考えるので、最大の威力のWSはヘヴィショットになる。
なので、乱れ打ち+ヘヴィショットを撃つ

オートアタックは威力75相当。
旧乱れ打ちは10秒間オートアタックが3連発になって、攻撃間隔2.5秒として最大で4*3=12回発動。合計威力は900。3回発動としても合計威力は675。
新乱れ打ちに乗る最大のWSのエンピリアルアローは威力220で、新乱れ打ちで3連発になると合計威力は660。
旧乱れ打ちで4回発動させていた場合と比べると弱体となっている。
旧乱れ打ちで3回発動させていた場合は、ほぼ変わらず。

ベノムバイトとウィンドバイトの継続ダメージはバフでダメージが増加するので、バフと合わせて使う。
ベノムバイトとウィンドバイトは効果が切れないよう残り3秒以下で上書きし、ブラッドレッター(やレインオブデス)のリキャストが0になるProc(クリティカルチェック)を維持する。
バフを入れて撃ったベノムバイトとウィンドバイトは、バフが切れる前に上書きして時間を延長する。

他にスキルが使えない状況ではヘヴィショット連射で、追加効果が発動したらストレートショット(100%クリティカル)。

以上の条件からスキル回しを考えると、

  1. (猛者の撃)
  2. ストレートショット
  3. (ホークアイ)
  4. ベノムバイト
  5. (発勁)
  6. ウィンドバイト
  7. (乱れ打ち)
  8. (ブラッドレッター)/(レインオブデス※範囲焼きの場合)
  9. ヘヴィショット
  10. (フレイミングアロー)
  11. ヘヴィショット/ストレートショット※Procしていた場合/範囲焼きならクイックノック
  12. (リペリングショット)
  13. ヘヴィショット/ストレートショット※Procしていた場合/範囲焼きならクイックノック
  14. (ブラントアロー)※沈黙で止めるスキルを持つ敵の場合は温存する
  15. ベノムバイト更新
  16. ウィンドバイト更新

などのスキル回しが妥当じゃないかと思う。
ただし、ブラッドレッターやレインオブデスがProcしたらスキル回しを無視して即座に撃つ。

吟遊詩人向けマクロ

マクロはウェポンスキルの場合は先行入力できないので、なるべく使わない。
マクロ化するのはアビリティ限定がいいと思う。

乱れ打ちはバフに乗せて使った方がいいし、ホークアイと乱れ打ちはリキャストが同じ90秒なので、マクロにまとめる。
waitを入れて、その間に何かウェポンスキルを撃つ。
エンピリアルアローは最速で撃ちたいのでマクロに入れない。

/ac 乱れ打ち <me><wait.3>
/ac ホークアイ <t>
/micon ホークアイ

/miconを最後の行に入れるのは、マクロの読み込みは1行あたり1フレームを消費するので、/miconを先頭に入れるとその分マクロの発動が遅れるから。
waitも「/wait」を使わず「<wait.3>」で1行にまとめるのも同じ理由。
数字は秒数で1秒単位のみ(整数のみ)指定可能。

フレイミングアローと発勁も同じリキャスト(60秒)なのでまとめる。
フレイミングアローを使わないなら、範囲レイヤーを確定せずに適当なウェポンスキルを撃てばOK。
例えばストレートショットを撃ってクリティカル+10%にし、発勁で更に+15%(計25%)にする。

/ac フレイミングアロー <wait.3>
/ac 発勁 <me>
/micon フレイミングアロー

でも、なるべくならマクロは使わないのが無難。

3.01で威力とリキャストタイムが変わったので、あまり意味のない検証となったけど、記録として残してます。

パッチ3.0で追加された旅神のメヌエットは、与ダメージが30%増加する代わりにオートアタックが無くなる。更に全てのウェポンスキルに詠唱時間が必要になる。(パッチ3.01で20%→30%となった)

バラードやパイオンの予ダメージ15%減少を相殺できるか、メヌエットの効果を木人でテストしてみた。(パッチ3.0で20%減少から15%減少に修正された)
クリティカルの影響があるので正確な検証ではないけど、目安にはなるはず。

ノーマル状態でヘヴィショットを30秒連射。
AAが2493
ヘヴィショットが5449
計7942

バラード+ヘヴィショットを30秒連射。
AAが2340
ヘヴィショットが5075
計7415

メヌエット+バラード+ヘヴィショットを30秒連射。
AAは0
ヘヴィショットが5316
計5316

ヘヴィショットのダメージのみを比較すると相殺できているけど、
AAが無くなるのが大きすぎて、トータルでは与ダメージ減少の相殺にはならなかった。

スキルが詠唱必須になって撃てる回数が減るのも大きい。

メヌエットは使わず、バラードやパイオンのみを歌った状態で攻撃したほうが総与ダメージは大きい。
もちろん詩人をレベル60まで上げて、新しいスキルを入れると変わるかもしれない。

メヌエットを歌い、乱れ打ちを乗せてエンピリアルアロー(240)を撃つと威力288が3連発になる。
バフを入れると更に344(猛者の撃)、330(ホークアイ)、316(捨身)。
「バフ→乱れ打ち→メヌエット→エンピリアルアロー→メヌエットを消す」
という乱れ打ち限定の一時的にオンオフする使い方くらいしか、メヌエットの使い道はなさそう。
メヌエット中はオートアタックが停止するんで、なるべくオートアタック停止時間が短くなるように、使うスキルの直前と直後でオンオフというやり方が理想かな。

猛者の撃+乱れ打ちを前提として、

メヌエット詠唱3秒+エンピリアルアロー詠唱2秒=5秒必要。
エンピリアルアローが1発で1300ダメージ+乱れ打ちで≒3900

この5秒間に代わりにヘヴィショット+乱れ打ちだと、

ヘヴィショットのダメージが500前後。
GCDが2.46秒なので5秒で3発打てる。

ヘヴィショット+乱れ打ち≒1500
ヘヴィショット2発≒1000
AAが1発250~300ダメージで、5秒で2回入るとしても500~600
計3000~3100

よって、メヌエット入れっぱなしよりも、メヌエット→エンピリアルアロー→メヌエット解除のほうがダメージが大きい。

パッチ3.01以降のスキル回し考察

パッチ3.01で以下の修正となった。

旅神のメヌエットの威力が+20%→+30%に増加。
カテゴリが魔法→アビリティとなった。
リキャストタイムが2.5秒→15秒になった。

エンピリアルアローの威力が240→220に弱体。

サイドワインダーの威力が150→100に弱体。
またDOTが1つの時の威力が250→175に弱体。
DOTが2つの時の威力が350→250に弱体。

メヌエットが10%増えたのと引き換えにエンピリアルアローが240→220に低下。
240*120%=288
220*130%=286
となるので実質はあまり変わってない。

サイドワインダーも150→100に低下。
150*120%=180
100*130%=130
でこちらは明らかに弱体。

継続ダメージ1つの時の威力が250→175に低下。
250*120%=300
175*130%=227.5
で明らかに弱体。

継続ダメージ2つの時の威力が350→250に低下。
350*120%=420
250*130%=325
で明らかに弱体。

以上からトータルでは弱体だと思う。

普段はメヌエットを入れず、乱れ打ちのリキャスト毎にメヌエットを入れてエンピリアルアローとサイドワインダーを撃ち、メヌエットを切るというスキル回しが有効なのは変わらないはず。

エンピリアルアローを撃つ直前でメヌエットを入れると、リキャスト15秒のせいで撃ち終わったあとも余計な待ち時間が生じる。
よって、
「メヌエット→バフ→DOT→乱れ打ち→エンピリアルアロー→サイドワインダー→アイアンジョー→アビリティ→メヌエットを切る」
という乱れ打ちの直前ではなくメヌエット先行スキル回しの方が良いかと。
DOTに+30%乗るわけだし。
そしてメヌエットのリキャストが終わってメヌエットを切れるまで、15秒間にスキルやアビリティを詰め込む。
敢えてエンピリアルアローのリキャストを待って、メヌエットを切る前にもう一度撃つことでダメージが増える。

  1. 旅神のメヌエット
  2. 猛者の撃(リキャスト120sなので、乱れ打ちのリキャストと合わないことも)
  3. ホークアイ(リキャスト90sで、乱れ打ちのリキャストと一致)
  4. 捨身(リキャスト60sなので、乱れ打ちに乗せる為に30s発動を遅らせるといいかも)
  5. 乱れ打ち(アビリティなので詠唱なし)
  6. エンピリアルアロー
  7. ベノムバイト
  8. ブラッドレッター(アビリティなので詠唱なし)
  9. ウィンドバイト
  10. フレイミングアロー(アビリティなので詠唱なし。フレイミングアローもちゃんとダメージ増加する)
    (ウィンドバイトを入れた直後にサイドワインダーを最速で撃っても、
    ウィンドバイトのデバフは無視されるので、
    デバフが有効になるまで待つ必要があり、その間にフレイミングアローを撃つ)
  11. サイドワインダー(アビリティなので詠唱なし)
  12. リペリングショット(アビリティなので詠唱なし)
  13. ブラントアロー(アビリティなので詠唱なし)
  14. エンピリアルアロー(リキャスト完了したら、メヌエットを切る前にもう一回撃つ)
  15. アイアンジョー(メヌエットを切る前にDOT更新+ダメージ)
  16. メヌエット切り

これで20771/18秒だった。(平均IL 170ほど)
DPSは1150になるけど、この後はDPSが激減するので通算では落ちる。
詩人はこうやって乱れ打ちのリキャスト毎にメヌエット+バフ+スキル&アビリティを詰め込んで底上げするしかないかと……。

旅神のメヌエットは入れっぱなしがいいのか、切り替えがいいのか

メヌエットを入れっぱなしの場合は、オートアタックを捨てる代わりにエンピリアルアローを15秒毎に撃つ事になる。
初めの15秒は切り替え方式と同じスキル回しなので、乱れ打ちのリキャストが終わるまでの以降45秒の推移を比較。

オートアタックはヘヴィショットとのダメージの比から威力75相当。
ヘヴィショット=約700ダメージ。
オートアタック=約350ダメージ。
攻撃間隔を2.5sとして、45sでは18回分=威力1350相当。
攻撃間隔を3.0sとしても、45sでは15回分=威力1125相当。

エンピリアルアロー(220)は45sで3回分=威力660相当。

オートアタックはエンピリアルアローの2倍ほど大きい。

メヌエットの予ダメージ30%上昇が45s続いても858相当に過ぎず、この差を補えないので、切り替え方式の方がDPSが増えるはず。
ただし、エンドコンテンツではギミック回避でオートアタックが停止する時間帯が多いので、メヌエット入れっぱなしの方がいいかも。

エンピリアルアローの3バフ撃ちと2バフ撃ちの威力比較

詩人のエンピリアルアロー+乱れ打ちの総合DPSは、
猛者のリキャスト(120s)を待って必ず3バフ(猛者+ホークアイ+捨身)で撃つ方が多いのか、
ホークアイのリキャスト(90s)次第で2バフ撃ち(ホークアイ+捨身)を織り交ぜる方が多いのか、
を考察。

エンピリアルアローの威力は220。
猛者が+20%、ホークアイは+15%、捨身は+10%。
フルバフだと333.96まで上昇。
2バフ(ホーク+捨身)だと278.3。

以下の表は戦闘開始から10分後までに、
エンピリアルアローを猛者のリキャストを待って必ず3バフで撃った場合と、
ホークアイのリキャスト次第で2バフ撃ちした場合とのダメージ比較。

経過時間 3バフ撃ち 2バフ撃ち 3バフ総合 2バフ総合 2バフ-3バフ
0s 333.96 333.96 333.96 333.96 0
90s 278.3 333.96 612.26 278.3
120s 333.96 667.92 612.26 -55.66
180s 278.3 667.92 890.56 222.64
240s 333.96 1001.88 890.56 -111.32
270s 278.3 1001.88 1168.86 166.98
360s 333.96 333.96 1335.84 1502.82 166.98
450s 278.3 1335.84 1781.12 445.28
480s 333.96 1669.8 1781.12 111.32
540s 278.3 1669.8 2059.42 389.62
600s 333.96 2003.76 2059.42 55.66

初弾がフルバフ(3バフ撃ち)は共通。
360秒経過で2バフ撃ちのパターンも再び3バフ撃ちできるタイミングになる。

戦闘が90秒以上120秒未満で終わるなら、ホークアイのリキャストで2バフ撃ちする方が総合ダメージは大きい(3バフ撃ち+2バフ撃ち>3バフ撃ち1発)。

120秒以上180秒未満で終わるなら猛者のリキャストを待って3バフ撃ち(3バフ撃ち2発>3バフ撃ち+2バフ撃ち)。

180秒以上240秒未満で終わるなら2バフ撃ち。

240秒以上270秒未満で終わるなら3バフ撃ち。

270秒以上で終わるなら2バフ撃ち。

レイドではボス戦が10分くらいかかるのが普通なので、3バフ2バフを織り交ぜるのが総合ダメージが大きいはず。

パッチ3.3で強化されたスキルとアビリティ

パッチ3.3で以下の詩人のスキル/アビリティが強化された。

ベノムバイト(100+35*18s/3s=310)→(100+40*18s/3s=340)※約+10%
ウィンドバイト(60+45*18s/3s=330)→(60+50*18s/3s=360)※約+10%

rct=ReCast Timeの略。

ブラントアロー(rct30s)(50)→(100)※2倍
フレイミングアロー(rct60s)(35*30s/3s=350)→(40*30s/3s=400)※約+14%
エンピリアルアロー(rctはスキル依存で約15s)(220)→(230)※約+5%
サイドワインダー(rct60s)(100/175/250)→(100/175/260)※約+5%

大まかに言うと、DPSが10%前後上昇。
これでは機工士の代わりにはなれないと思うけど、何と吟遊詩人を木人で2002DPS出した動画がある。
[3.3] FFXIV Bard 2002 DPS parse
上手い人はこれだけ使いこなせるって事だろうけど、この人が機工士をやればもっと出せるのだろうね。

強化後に木人でDPSチェックしてみた。
平均IL 225の装備。
武器はガーンデーヴァコンダクト(IL230)。
スキル回しは上述の改良版。

  1. ストレートショット※ブラッドレッターのクリティカルの確率を増やす
  2. 旅神のメヌエット
  3. 乱れ打ち※バフの前に発動させ、バフの効果時間をなるべく節約し、WSやアビリティ1発分余計にバフを乗せて撃てるようにする
  4. 捨身(20s)※最も効果が低いバフを先に発動させる。
  5. ホークアイ(20s)※2番目に効果が高いバフなのでこの順。
  6. 発勁(15s)※ブラッドレッターのクリティカルの確率を増やす。
  7. 猛者の撃(18s)※最も効果が大きいバフを最後に発動させて、効果時間内にブラッドレッタ-を2発撃てるようにする
  8. ブラッドレッター(rct15s)※Procしなかった場合に猛者の撃が切れる前にリキャストが終わって猛者を乗せてレッターを2回撃てるようにする為にこのタイミングで撃つ
  9. エンピリアルアロー
  10. ウィンドバイト※ベノムよりも総合ダメージが大きいDOTを先に撃つ
  11. ブラントアロー(威力100)※ブラッドレッターの次に威力が大きいアビリティを優先)
  12. ベノムバイト
  13. フレイミングアロー※ベノムバイトを入れた直後にサイドワインダーを最速で撃っても、ベノムバイトのデバフ分は無視されるので、デバフが有効になるまで一呼吸ほど待つ必要があり、その間にフレイミングアローを撃つ)
  14. サイドワインダー
  15. リペリングショット
  16. アイアンジョー※メヌエットを切る前にDOT更新+ダメージと、エンピリアルアローを撃ってからメヌエットを切りたいので、エンピリアルアローのリキャストが終わるまで残り2秒くらいのこの時点で撃っておく)
  17. エンピリアルアロー※リキャスト完了したら、メヌエットを切る前にもう一回撃つ
  18. ブラッドレッタ-※procした場合はスキップ。procしない場合は猛者の効果時間内にリキャストが終わるので、メヌエットを切る前に撃つ
  19. メヌエット切り

結果はストレートショットから25秒で38001。
DPSは1520。
procなし。
平均ILは226。
武器はIl230のガーンデーヴァコンダクト。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加 管理人へのお問い合わせ

Amazonこれから開催予定の数量限定タイムセール
PlayStationストア セール&キャンペーン情報
PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版+PlayStation VR WORLDS (VR専用)

【PS4】The Last of Us Part II【早期購入特典】ゲーム内アイテム ・「装弾数増加」 ・「工作サバイバルガイド」(封入)【2020年5月29日】
仁王2 (早期購入特典(「太初の侍の鎧一式」ダウンロードシリアル) 同梱)【2020年3月12日】
ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4【2020年3月3日】
新サクラ大戦【初回特典】「新サクラ大戦」メインビジュアル&主題歌 PS4用テーマ 同梱 - PS4【2019年12月12日】
【PS4】DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)【2019年11月8日】
モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション (【予約特典】防具「ユクモノ」シリーズ(重ね着装備)」 が手に入るプロダクトコード 同梱) - PS4【2019年9月6日】
一人用SF人狼ゲーム『グノーシア』【2019年6月20日】
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱)【2019年3月23日】
【PS4】Déraciné (VR専用) 【早期購入特典】「PlayStation 4用テーマ」がダウンロード可能なコードチラシ (封入)【2018年11月8日】
ドラゴンズクラウン・プロ 【先着購入特典】DLCデジタルゲームブック「悪霊島の秘宝」 同梱【2018年2月8日】
Kingdom Come: Deliverance【2018年2月13日】
【PS4】巨影都市【2017年10月19日】
スティクス:シャーズ・オブ・ダークネス 【CEROレーティング「Z」】【2017年12月14日】
Horizon: Zero Dawn (PS4)【2017年3月4日】

このページの先頭へ