Back 4 Bloodの感想

ステージ1をやった時点での感想で、全クリ後には変わるかもしれない。

総じて言うと不満だらけ。
私はL4D後継のB4BにガチFPSとか望んでなかった。
もっとL4Dのようにカジュアルに遊びたかった。
L4D後継を謳った別物でしょ。

根本的にゲーム性が変わってる。
L4Dはクリアリングゲーで、ゾンビからの被ダメージが大きめだから、喰らわないようにゾンビを掃討してから行動するのが基本。
B4Bは被ダメージは低いけど、視界が悪くて物陰が多く、いきなり襲われたりするから、クリアリングは難しい。
何か、テレポートしていきなり背後に出現しているようにも感じる。
接近する音も聞こえず、いきなり背後から殴られて、どこにいたの?……っていうね。
ただのランダムポップなのか、クリアリングした筈の場所なのに、新たなゾンビが湧く事もある。
だからクリアリングが無意味な感じ。
喰らう前提のバランスだから、被ダメージが低く抑えられてるんだと思う。
継続的、断続的にゾンビに襲われるので、休まる暇が無い。
L4Dはラッシュの無い時は気が抜けてもOKで、緩急の波があった。
ゲームプレイ中、持続的に集中・緊張し続けるのは疲れる。

L4Dの方が遥かに操作性がいい。
リアリティなんだろうけど、L4Dに比べて武器チェンジに時間がかかるし、リロードにも時間がかかる。

個人的にL4Dの操作に慣れてるので、L4Dのように常時走る設定で、ゆっくり歩くにはしゃがんで歩く方が操作しやすい。
B4Bは常時歩く設定で、オプションでも変えられず、走るには左スティック押込み維持なのは面倒。
後、180度反転が無くなっていた
それともどこかに180度反転を有効化する設定があるのか、よくわからない……。

スタミナがあって、スタミナが切れると走れなくなるのもダメ。
こっちがリアルだけど、私は上手くないのでスタミナ管理とか面倒臭い。
L4Dは無制限にずっと走れた。

殴り(近接)が左トリガーじゃなくて、右スティック押込みなのもダメ。
咄嗟に殴りにくいので……。

後、どうも酔いそうな予感がする。
1時間程遊んで、まだ酔ったと言えるレベルじゃないけど……。
FOVを広げると、画面端が歪んで余計に酔う感じがする。
かと言って、FOVが狭いのも酔いやすい。
私の感覚だとカメラ回転と背景が動く速度とかが一致してない感じがする。
カメラ回転とのズレが酔いの原因だと思うけど、設定をどう変えればいいのかわからない。

リコイルもキツい……ていうか、普通のFPSと同じ感じのリコイルだけど。
照準だけブレるのではなく、画面全体がブレるので、リコイル表現がキツいと酔うリスクが高い。
動画を見直しても、特にショットガンのリコイルのブレが邪魔に感じるレベル。
キチンと精密射撃する構えにすればリコイルは抑えられるけど、私はもっとカジュアルに遊びたかったので……。

銅貨とかカードとか、無駄な回収要素があるせいでゲーム進行テンポが落ちる。

デフォルト操作だとリロードとコンタクトボタンが一緒なので、コンタクトしようとしてリロードしてしまうのがうっとおしかった。
コントローラはキーアサインできないので、プリセットから選ぶのだけど、どれもリロードとコンタクトは同じボタンで、しっくり来ない。
Steamのビッグピクチャーのコントローラ設定には対応してないし。
プロパティ→コントローラ→「Steam入力を有効にする」を設定すると、ビッグピクチャーでオーバーライドできる
L4Dではコントローラのアサインもちゃんと変更できた。

武器の種類が多すぎて覚えるのが面倒。
FPS慣れてたら、これくらいは普通かもしれないけど……。
同じ武器でもEpicとか性能差がランダムで変化する。
こういう要素も私には面倒臭いだけ。

回復(包帯)の回復量がしょっぱい。
L4Dだと8割くらい回復したのに、B4Bだとビギナーモードでも2~3割。

L4Dよりも高い場所に登れるのは良かった。
でもよじ登る動作がリアルで、画面がぐらぐら揺れて酔うリスクが高いのがダメ。
この手のリアル要素、要らない。
私は主観視点だと酔うリスクが高いので、余計な画面振動とか揺れとかは邪魔。

音響がわかりにくい。
ステレオ音声なんだけど、ゾンビの吠え声とか方向がわからなくて、接近に気付かずに左右や背後から殴られてしまう。
サウンド設定を見ても、どれを変えればいいかわからない。
L4Dだとゾンビがいる方向が音でちゃんとわかる。

特殊感染者を鳴き声で区別しにくい。
L4Dはそれぞれ特徴的な音を立ててたから、すぐにわかった。
B4Bは代わりに、特殊感染者が赤くハイライトされて、エコーロケーションのように壁の向こうにいても見えるけど、どういう設定なの?
ここだけゲーム的な配慮を優先してリアリティが損なわれてるのが意味わからない。

銃弾の種類があるのもうっとおしい。
L4Dだと銃弾は1種類で、ショットガンもスナイパーもアサルトライフルも全て共通だった。
なので、弾薬を1回取れば良かった。
B4Bはそれぞれ区別があり、それぞれの弾薬を取らないといけないので、その分弾薬補給の手間がかかる。
こっちがリアルではあるけど、ゲームとしては面倒くさい。
弾薬の量は有限なので、4人がバランス良く違う武器を使わないと、弾薬が尽きてしまう
L4Dの弾薬は無限に手に入るから、好きな武器を使えば良かった。

カードも面倒臭い。
ステージ開始前にカードをいくつか選択するとか、デッキから選ぶとか、L4Dを面倒にしただけって感じ。
早く遊びたいのに、どうせ大差ない個性を付けるとか要らん……。
事前のデッキ構成も面倒。

銅貨でアイテム購入も面倒で、購入の為に時間を食って、ステージ開始が遅れる。
オンラインCOOPだと、じっくり買ってるプレイヤーもいて、まだかよ……と思う。
L4Dに購入要素は無く、メディキットや弾薬や武器など必要なアイテムは初めから置いてあって、後は取るだけ。

リトライ回数に制限があるのもダメ。
高難易度ではなく、ビギナーでも制限がある。
L4Dにリトライ制限は無かった。

今どきのPCゲームあるあるだけど、いきなりOPムービー入って、やっと動けるようになってからオプション設定を操作できるようになるのもダメ。
私はフルスクリーン嫌いで、ウィンドウモードで遊びたいのに、オプション弄れるようになるまで待つのがイラつく。

クロスプレイ(PC/Xbox/PS4/PS5)でオンラインマッチイングが可能なのは良かった。
ただしマッチング時間が長い。
もしかして野良だとまだ人がいない?
後、どことマッチングしてるんだが、他は80pingとかなのに私だけ1020pingだったり。
軽いときは私も80pingとかなので、プロバイダの問題ではなくて、変なとこと接続してると思う。
接続リストを見るとXboxが混ざってるし。
Back 4 Bloodのpingリスト
日本でXboxは殆ど売れてないはずだから、日本人の可能性は低い。
たまたまチャットが表示されてたけど、フランス語だった事もある。
B4Bフランス語の部屋
フランスの部屋と繋がってしまったのだから、そりゃ高pingになるでしょ……。
でもさっきまで80pingくらいだったのに、次のステージに移行すると、1020pingってなる事もあって、よくわからない。
こうなるともう、退室するしかない。
L4Dだと暫く待つとpingが回復する事もあったけど、B4Bだとその気配も無い。
しかも自分で部屋を作ってもなぜか1020pingになったりする……。
意味がわからない。
Steamのサーバーか製作会社のサーバーがホストをやっているみたいだけど、高pingな海外サーバーがホストになって繋がっているような感じ。

オンラインマッチングがクイックプレイしかないのはダメ。
L4Dだとマップリストから入りたい部屋を選べた。
リスト上位はpingの良い部屋が出てくる傾向があって、リスト上位の部屋ならpingの心配は殆ど無かった。
クイックプレイだと、どこと繋がるんだかわからず、高確率でpingが悪い部屋に入ってしまう。

Redditの書き込みによると、DNSをグーグルDNSにすると改善するらしい。

Anyone else hit insane high ping online? I hit a high of 1020 ms
Edit: Changed my DNS to Google’s 8.8.8.8 and 8.8.4.4 and things are far more stable. Ping ranges from 60ish to 150 usually. Spikes to 220 but within expected ranges during a beta that’s seeing a ton of play.

実際に変えてみたけど、全然改善せず1020pingのままだった。
まあ海外と繋がっているっぽいんで、DNSの問題じゃないだろうね。

ゲームを起動すると、ホープ要塞から始まるのもダメ。
無駄に読み込みが発生してうざい。
L4Dだと単にタイトル画面から始まるので、大してロード時間は無かった。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人へのお問い合わせ

PlayStationストア セール&キャンペーン情報
Xbox セールスとスペシャル | Xbox Japan
PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版+PlayStation VR WORLDS (VR専用)
ファミコン発売中止ゲーム図鑑 単行本(ソフトカバー)【2021年4月5日】
非売品ゲームソフト ガイドブック (ゲームラボ選書) 【2018年1月27日】
【PS4】The Last of Us Part II【早期購入特典】ゲーム内アイテム ・「装弾数増加」 ・「工作サバイバルガイド」(封入)【2020年5月29日】
仁王2 (早期購入特典(「太初の侍の鎧一式」ダウンロードシリアル) 同梱)【2020年3月12日】
ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4【2020年3月3日】
【PS4】DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)【2019年11月8日】
リングフィット アドベンチャー -Switch【2019年10月18日】
モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション (【予約特典】防具「ユクモノ」シリーズ(重ね着装備)」 が手に入るプロダクトコード 同梱) - PS4【2019年9月6日】
一人用SF人狼ゲーム『グノーシア - Switch』【2020年12月17日】
【PS4】Déraciné (VR専用) 【早期購入特典】「PlayStation 4用テーマ」がダウンロード可能なコードチラシ (封入)【2018年11月8日】
ドラゴンズクラウン・プロ 【先着購入特典】DLCデジタルゲームブック「悪霊島の秘宝」 同梱【2018年2月8日】
【PS4】巨影都市【2017年10月19日】
Horizon: Zero Dawn (PS4)【2017年3月4日】

このページの先頭へ