WildEightアルファ版の感想

墜落した旅客機の生き残りの乗客が冬の森でサバイバルする「WildEight」のアルファ版が公開されているので遊んでみた。

操作性がどうも煩わしい。

この手の俯瞰視点ゲームは通常、マウスで指定したポイントにキャラが移動するのだけど、WildEightはWADSで移動、マウスで向き指定ってのが面倒。
向きが合ってないと、画面内のオブジェクトにアクセスできない。
マウス操作のみで完結した方が操作しやすいかと……。

アルファ版はチュートリアルモードだけど、時間経過が早すぎるので内容を把握する前にゲームオーバーになってしまった。
WildEightアルファ版の感想
個人的には最低限「リアル時間30分=ゲーム時間1日」くらいじゃないと早すぎ。

初日の夜を越えられないと死ぬのは厳しい。
まあその方がリアルではあるけど、チュートリアルなのだから緩和して欲しいところ。
現状だと、死に覚えでやるべき事を把握して、要領よく次々にこなさないと死んでしまう。

基本的に主人公はサバイバルのことを何も知らないという設定。
でも、たかが焚き火を作るのにテントの中で焚き火の知識を学習しないといけないのは、さすがに無知すぎる気がする。
その割りにはテントを設営するのは最初から知識なしでセットできるし。

初日は缶詰を拾い、テント設置、木を集めて焚き火の設置まで達成できないと死ぬ。

最初に手に入る缶詰は3つしかない。
3つの缶詰で空腹度が1.5ゲージ分。
1ゲージは約1日で消耗するので、約1.5日分ってこと。
なので、次に作業台を設置し、棍棒を作って動物を狩る。
試しに素手で猪と戦ったら、負けて死んだw
鹿を狩ろうとしてもすぐ逃げるし、棍棒だとかなり体力を削って辛勝。
ラビットトラップも罠をしかける適切な場所がわからず何も捕れなかった。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人へのお問い合わせ

このページの先頭へ