Return of the Obra dinnの攻略メモ

Paper, Pleaseの作者が今作っているADVゲーム「Return of the Obra dinn」のデモ版の攻略メモ。
製品版も一応最後までイベント見れたので、追記。
完全クリアはまだ。
クリアできた。

RETURN OF THE OBRA DINN

画面は昔のマッキントッシュとかIBMを模倣しているらしい。

デモは2016年にGDCで公開されたもの。

ゲーム内容は1803年に行方不明となったObra Dinnという船の捜索をして、船員の身元と死因を特定する。

その船らしき難破船が見つかり、主人公が乗り込むところからゲームスタート。

身元が明らかになる情報が集まると、ジャーナル内の顔イラストが鮮明になるので、集まった情報から人物名を指定する。
死因も同様。
3人の身元と死因が正解だと、調査が進展する演出が入り、身元と死因が確定する。

乗組員は船員乗客合わせて60人。

Alt+Enterでフルスクリーンとウィンドウモードの切り替え可能。

WADSで移動。
マウス左クリックかスペースで対象に触れたり使ったりする。

Escで一時停止。
Tabでジャーナルを開く。

X 終幕

船に乗り込む前にカバンを開いてドクロマークの時計を入手。
製品版だと手帳も。
手帳は調査結果が自動的に書き込まれる。


甲板には白骨死体があって、その死体に時計を使うと過去視できる。
時計の使い方は、単に死体に近づいて左クリック(スペース)を押すだけ。

過去視は基本的にはテキストメッセージと音声のみで、過去に起きた出来事のワンシーンだけ時間停止した状態で見れる。
映画マトリックスみたいな演出。
「貝殻をいただく」と喚いていた。

過去視の間は主人公は幽霊のようなもので、何も出来ずに見てるだけ。
キャラクターに右クリックでズームすると集合写真のどの人物に該当するか確認できる。
この死体は船長を殺そうとして逆に射殺されていたとわかる。

他に2人いて、1人は甲板の船首側から操舵室に潜入しようとしてた。
過去視は1分くらいで、自動的に現代に戻る。
製品版だと1分くらいで手記の書き込み画面になる。
手記に死者の身元と死因を書き込めるけど、スルーして後で書き込む事も可能。

手記画面を閉じると、現代に戻らずにそのまま過去視を続行できる。
製品版だと、現代に戻るには扉に入る。

過去視が終わると操舵室のドアが開く。
「Crew Muster Roll」という本を棚から取ると、当時の船内にいた人物の名簿が見れる。
デモ版の範囲ではこの本の意味はわからない。
製品版だとこの本はなくなってる。

操舵室内にも2つの死体があるので、時計で過去視。
それぞれ、船長を棒で殴ろうとしてカウンターで船長がナイフで首を切ってたり、その背後から刺された船長がカウンターで棒で殴ってた。
船長強いw
ナイフで切られた方は「破滅」その2でハンモックで寝ている人物なので、当てはまるのはヘンリー・ブレナン
棒で殴られた方は檣楼員で外見からスコットランド人かイングランド人。
ルイス・ウォーカーをセットすると調査が進展したので確定。

過去視後、寝室に入れるので椅子のあたりの死体を過去視すると、それが自分で胸を撃って自殺したロバート・ウィッテレル船長だとわかる。
船長はAbigailに詫びていた。
たぶんベッドに安置されていた死体のこと。
「お前の兄、我が友」を撃ったと言ってるので、冒頭で射殺されてたのはアビゲイルの兄。
同じホスカットというミドルネームなので、撃たれたのはウィリアム・ホスカット

VII 破滅

ベッドの死体を過去視すると、船を巨大なクラーケンのような生物が襲撃してたとわかる。
その際にAbigailらしき人物が、へし折られた帆桁に激突して死んだらしい。
これでアビゲイルの死因も判明したので、手記に身元と死因と殺害者を書き込み完了。

このシーンでクラーケンに剣を突き刺している男がいる。
その隣の帽子を被った男は甲板長アルフレッドなので、助手(甲板手)のチャールズ・マイナーか。

三等航海士のマーティン・ペロットはこのシーン内に出たのを最後に姿が見えない
「VIII 取引」で何かあったんだと思う。

過去視が終わると、甲板の階段から船内に降りれるけど、降りた部分でデモは終了。


製品版ではそのまま過去視が続くけど、
時計を使うと(左クリック)画面が暗くなって上半身だけの死体が光るので、その死体に時計を使うと現実に戻る
現実で時計を使うと白い光が現われて甲板の上半身だけの死体があった場所に導かれるので、その死体を過去視する
以降も同じ手順で次の死体を発見する。

過去視で上半身のみの死体はクラーケンの触手に捕まって切断されたとわかる。
「VI 海の兵たち」でマストに登っているので、候補は檣楼員。
ニコラスは「海の兵たち」その2で死んでる。
レオニードは「脱出」その3で死んでる。
中国人には見えない。
消去法でティモシー・ブーテメントかマバ。
マバをセットすると調査が進展した。
円形の刺青はニューギニアの文化らしい。

このシーンで小舟が触手で掬い上げられ、3人の人影が海に投げ出されている。
ネイサンらが乗ってた小舟
この小舟にネイサンらが乗ってた。

次に甲板に血塗れの死体が光る。
甲板の血塗れ死体は触手に捕まった状態で爆薬で自爆して死んだらしい。
スケッチ「海上裁判」で士官候補生が3人並んでいるのと「II 死に至る病」のチャールズ、「IX 脱出」でナイフで刺された男の台詞からピーター・ミルロイとわかる。

ここで船外に転落している途中のターバン男がいる。
この男はマストで帆を畳む作業をしていた檣楼員。
その中でターバンをするのはペルシア人のオミッド・グールしかいない。

今度はドアを使って現実に戻る。

現実の甲板の前方の主柱あたりに船内に降りる階段が開いているので降りる。

大砲の下敷きになった死体を過去視すると、クラーケンが船を攻撃して大砲が台座から外れて下敷きになったとわかる。
この男は司厨手の制服を着てる。
「破滅」その2で画家が死んだシーンで、三等航海士と並んで食事を運んでいるので、三等航海士付き司厨手ロデリック・アンダーセン
時計を使うと、奥のハンマーを持った男の側の血塗れ首なし死体が光る。

現実で時計を使い、光を追って首なし死体を過去視すると、顔面に大砲の直撃を喰らって死んだとわかる。
この男はスケッチ「海上裁判」で号令をかけていたクリスチャン・ウォルフ
加害者はその大砲を使おうとしてたアブラハムかと思ったら「恐ろしい怪物」が正解だった(紛らわしい……)。
もう1人、大砲の砲門を動かしていた禿げ男の背後に触手が迫っているので、こっちは触手で船外に放り出されたのかもしれない。
禿げ男も大砲を喰らって死んだ。
加害者はウォルフと同様に怪物という扱い。
帆を畳む檣楼員ではないので甲板員。
他の甲板員が全て確定したのでジョージ・シャーリーと判明。

更に時計を使うと、その大砲の下敷きとなってる死体が光る。

現実で大砲の下敷き死体で過去視すると、クラーケンの触手が窓から入って男を掴んで圧死させたとわかる。
その際に大砲の向きが変わってしまった。
この男は「II 死に至る病」で番号Xのハンモックにいた。
この番号は欠番だった52番の代用品らしい。
52番はアブラハム・アクバル

最後に奥のドアから現実に戻る。

破滅の失踪者の1人は「IX 脱出」のアルフレッドの助手で「八つ裂きにされた」チャールズ・マイナー

失踪者の1人は、アビゲイルが帆桁で死んだシーンでクラーケンの触手に捕まっているのは、スケッチ「船上裁判」で操舵輪に手をかけている操舵手のフィンリー・ドルトン
死体は見つかってないので、恐らく溺死した。

IX 脱出

ドアの前に血痕とナイフが落ちているので、そのドアを開けて内部の死体で過去視。
その死体はナイフで切られて死んだらしい。
部屋の位置は士官候補生となってる。
「僕はピーターを助けようとした」と言ってる。
スケッチでこの男がいるのは海上裁判を後ろで見ている3人組。
その中央はチャールズでこの男はチャールズの右。
よって、ピーターは左の男。
ナイフで刺された男は消去法でトーマス・ランケ
加害者は「脱出」その4からオーラス・ヴィアテル。

奥の死体で過去視すると、背後から男に後頭部を殴られて死んだとわかる。
ただし、銃を持ってたのと近くの死体の顔面が損壊してるので、殺人に対する報復を受けたらしい。
殴ったのは「VII 破滅」その2からヘンリー・ブレナン。
被害者候補は帽子から航海士。
ジョン・デービスをセットすると調査が進展した。

顔面損壊死体を過去視すると、ナイフで腹を切られた男が船の反乱計画を立ち聞きしてしまったとわかる。
「船を乗っ取って東に」と言いかけてる。
また口封じしようと追ったヒゲ男を制した男が、顔面に銃を撃ったらしい。
撃ったのはスケッチ「海上裁判」で右にいるいかつい帽子を被っている男なので、航海士。
「破滅」その5からジョン・デービスと判明。
殺されたのは帽子を被ってるので相応の役職。
船医はヘンリー・エバンズなので除外。
船匠、船匠助手、掌砲長、掌砲手、操舵手のどれか。
船匠と船匠助手は「呪われた獲物」で船匠室にいる人物で、容姿が当てはまらず除外。
操舵手はスケッチ「海上裁判」で操舵輪の側にいる人物で、これも容姿が当てはまらない。
掌砲手オーラス・ヴィアテルをセットすると捜査が進展したので確定。

甲板に戻ると、死体を海に捨てている奴がいるとわかる。
現実では甲板後方の階段が開いてる。
光を追うと甲板の手すりからはみ出してる死体があるので過去視する。
その死体は船から脱走しようと小舟に乗った奴が射殺していた。
殺されたのは脱走を止めようとしてたらしい。
撃たれたのはレオニード・ボルコフで、撃ったのは2人の女のうちどちらか。
エミリー・ジャクソンをセットすると調査が進展したので、エミリーが正解だった。

次は刺された死体を過去視すると、刺された死体は脱走の共犯だった。
積荷を運んでたので乗り遅れたところを、止めようとした奴に刺された。
「ポール!危ない!」と叫んでいるので、ポール・モスが刺殺されたとわかる。
犯人は「II 死に至る病」に登場するカードをやってるロシア人の1人。
このロシア人は「VI 海の兵たち」でマストにいるので檣楼員。
該当するのはレオニード・ボルコフ。

船内に戻って後方の部屋の椅子に左腕がもげた死体を過去視すると、クラーケンにやられたらしいとわかる。
この時点ではまだ死んでない。
2人の男が手当てしている。
この2人が乗っ取りを計画していた。
左腕がもげた男は「フランス野郎」と助手の事を案じてる。
助手は「イカ」に八つ裂きにされた。
フランス人はチャールズ・マイナーしか該当しない。
チャールズは甲板手で上役は甲板長アルフレッド・クレスティル

今度は前方のドアから現実に戻る。

失踪者のうち1人は「II 死に至る病」で診察している船医ヘンリー・エバンズ
ヘンリーは手帳の冒頭でモロッコに送付しろと指示しているので、生存してる。
モロッコはアフリカ大陸北西の国。
と言う事は、同じ小舟に乗ってたエミリー・ジャクソンジェーン・バード嬢も生存。
スケッチ「海上裁判」で右端にいる男もいる。
普通に考えて船医に船医助手が同行するはず。
この男は四等航海士の側にいるので四等航海士付き司厨手デービー・ジェームズだった。

II 死に至る病

次に船倉に降りて壁の牛の頭を過去視。
単に牛を屠殺してるだけ。
ゲロ吐いてるのがチャールズ。
スケッチでサモハンキンポーみたいな顔。
スケッチの両隣の2人もチャールズと同じ服装なので士官候補生。
ナイフを牛の喉に刺してるのが家畜番エーミル・オファレル。
「船匠のところに運んで~弔いの準備を」してるのは肺病で死んだ甲板員。
帽子の男と白衣の男が死体を運んでる。

現実に戻って階段の死体を過去視すると、肺病にかかっていたとわかる。
船医がアヘンチンキを投与。
インド人水夫の待機所で感染したらしい。
全員診察して他はみな健康。
サイドと同じ服装なので甲板員。
サイドのシーンで隣のハンモックで衰弱した様子で寝てる。
そのハンモックの番号は51。
名簿の51番はレンフレッド・ラージューブ
診察しているのが船医ヘンリー・エバンズ。

次に床で布に包まれた死体を過去視。
帽子の男がハンモックで寝かされた男に「サイド」と呼びかけて何かを飲ませていた。
サイドも肺病で死んだ。
それを見てる白衣の男のハンモックの番号はX。
10番はウィストン・スミス(船匠)か。
番号52のアブラハム・アクバルだった。
一方、3人のロシア人(うち1人は「海上裁判」の左から3番目の射手)がカードゲームをやってる。
他のロシア人はスケッチ「海上の宴」の手前で酒飲んでるのと同じ。
左のロシア人は「IV 出現」で登場。
このシーンでハンモックに寝てたのは以下の人物(うち45~47はカードをやってるロシア人)。

36 オミッド・グール
37 ティモシー・ブーテメント
38 リ・ハン
39 ジャン・ジエ
40 ホン・リ
41 リー・ウェイ
42 ニコラス・ボッテリル
45 レオニード・ボルコフ
46 アラルクス・ニキシン
47 アレクセイ・トポロフ
51 レンフレッド・ラージューブ
X(52) アブラハム・アクバル
53 ウィリアム・ワシム
54 ソロマン・サイド
55 ハマドウ・ディオム
56 ヘンリー・ブレナン
57 アレクサンダー・ブース
58 パトリック・オヘーガン
59 ジョージ・シャーリー

VI 海の兵たち

船倉の北側(左舷側)通路の死体を過去視。
巨大蜘蛛の攻撃で腹を刺突されて死んだらしい。
よく見ると胸から肉片が飛び散ってる。
また現実の同じ場所の壁に弾丸のような欠片が埋まってる。
「海の兵たち」その6で、この男は自らトゲを引き抜いて捨ててる。
制服から司厨手。
他の司厨手を確定後に残ったズンギ・サーティと確定。
のぞき窓からよく見ると蜘蛛の向こうに銃を構えているチャールズ・マイナーが見える。
チャールズ・マイナーが蜘蛛に銃を撃つ
つまりチャールズが蜘蛛を狙って弾が逸れ、壁を突き抜けてズンギに当たってしまった。

次の死体は船倉で首が折れた状態で立ってる男。
船倉に戻るとトゲが刺さって絶命してるとわかる。
この男は「II 死に至る病」で牛を屠殺していたエミール・オファレル
過去視すると巨大蜘蛛が倒れて、水をかけて消火していた。

次の死体はこの蜘蛛と共に死んだ男。
過去視すると蜘蛛もろとも火に焼かれたとわかる。
この男は「II 死に至る病」の牛の屠殺に出てたチャールズ・ハーシュティク

次の死体は船首側で倒れている2人の男。
よく見ると2人とも首がもげてる。
過去視で蜘蛛の爪で首をハサミで切られて死んだとわかる。
1人は「死に至る病」その2で船医と同じ部屋にいるので船医助手ジェームズ・ウォレス
この男は「呪われた獲物」でタン・チョウが死んだシーンにもエバンズと一緒にいる。
もう片方はジャン・ジエをセットすると調査が進展したので確定。

次の死体は上階(砲列甲板)の立ったままトゲが刺さって絶命した男。
過去視で蜘蛛のトゲで胸を貫かれて死んだとわかる。
「親方、戦いましょうや」と言ってるので、徒弟関係のある者。
この男は「呪われた獲物」その3で工具部屋で作業してる。
その部屋のドアをハンマーを持った男が開けて騒ぎを見てる。
よって、ハンマー男は船匠ウィンストン・スミスで、トゲで死んだ方は船匠助手マーカス・ギブズ
このシーンで「ニコラスがやられた」と言ってるので、甲板で蜘蛛に捕まって刺殺されたのはニコラス・ボッテリル。
ちなみに「En Daemon」とはデンマーク語で悪魔という意味。

次の死体は甲板に倒れている。
この男は蜘蛛に捕まって足のトゲで刺殺された。
これがニコラス・ボッテリル

次の死体は空中に放られている男。
現実だと羅針盤の上に乗ってる死体。
過去視で主帆を下げる最中に落雷が直撃したとわかる。
帆を使うのは檣楼員の仕事。
リ・ハンをセットすると調査が進展したので確定。

これでドアから現実に戻る。

V 呪われた獲物

次は最下層の奥の小物を過去視。たぶん包帯などの治療具。
つるっぱげ男が右足を断たれて手当を受けていた。
男はスケッチ「海上裁判」で左から2番目の射手。
過去視で誰かが(恐らく船長)ジョンと呼びかけている。
ただしジョンは2人いる(四等航海士と甲板員)。
服装から甲板員のジョン・ネープルズ
20年務めた司厨手に切られたらしい。
犯人は「Era Darar」と叫んでる。
スウェーデン語で時代遅れの愚か者という意味。
スウェーデン人はフィリップ・ダールしかいない。
フィリップは船長付き司厨手なので該当する。
フィリップはこのシーン以降、全く登場してないし行方不明リストにも出てないので、「VIII取引」で何かあったか。

次は上階の船倉(最下甲板)で担架に乗せられようとしている男。
過去視で担架がずり落ちて帽子の男に後頭部に当たって死んだとわかる。
帽子の男は「II 死に至る病」でサイドに何かを飲ませていた。
その場所で空いてるハンモックの番号は53。
53番はウィリアム・ワシム

次はその階段で倒れている男。
過去視で担架で運んでいた怪物の尻尾で殴られて死んでいた。
スケッチ「海上の宴」で家畜番の隣にいるので料理人トーマス・セフトンだろうとセットしてたら調査が進展して確定。

次は甲板で倒れている2人の男。
甲板には登れないので船倉の天井に向かって時計を使う。
海から引き上げた怪物が放ったトゲで2人同時に貫かれて死んだ。
前にいる方はフォルモサ人の消去法からタン・チョウ
タン・チョウの後ろにいるのは黒人なのでシエラレオネ人かニューギニア人。
ハマドウ・ディオムをセットすると調査が進展したのでハマドウと確定。

次は甲板の主柱の3人の死体の1人。

IV 出現

現実の主柱の側の死体を過去視すると、小舟で「お宝」を持ち帰った男がいきなり射殺されていた。
死んだのは後のシーンで「サー・ニコルズ」と呼びかけているのでエドワード・ニコルズと判明。
また撃ったのは4人のフォルモサ人のうち名前が出てないタン・チョウ。
女の死体がある小舟は女以外の乗員の死体がなくなってる。
同じ小舟に乗ってたのはニコルズとアレクセイと船上裁判の左から2番目の射手。
2番目の射手は「出現」その3の台詞からオヘーガンと判明。

次はその小舟に乗せられていた右腕の無い死体。
現実の主柱の側に新しい死体が出てるので過去視すると、海のどこかで小舟で怪物を回収していた。
その時点で既に男は死んでいた。
この男はシア・イトベンで、箱を開けたせいで自身も電撃を喰らった。

次はもう片方の小舟の女の死体。
現実の主柱の側に新しい死体が出る。
過去視で白衣の男が箱を開けて雷が放たれて海の怪物を電撃で退治したらしい。
この時点で女は既に死んでいた。
白衣の男が女を「小姐(リム様)」と呼んでいたので、女はリム・ブンラン

次は箱を乗せている小舟の死体。
一方、海から人魚のような女の姿の化物が現われてリムの首を爪で切って殺していた。
リムは後ろ手で縛られているような恰好で身を守れなかった。
アレクセイは人魚が船を傾かせたせいで海に転落し、溺死した。
白衣の男(ベン)が司厨手の制服の男をナイフで首を刺してる。
サミュエル・ギャリガンをセットすると捜査が進展したので確定。
ベンは「オヘーガン!生きているか?漕げそうか?」と呼びかけていた。
ベンはリムの従者なのでリムに乗ってる小舟の漕ぎ手を案じてる。

次はリムがいる小舟の槍で貫かれている男。
男は人魚の槍の投擲で顔面を貫かれて死亡。
「出現」その3でベンが「オヘーガン」と呼びかけているのが漕ぎ手のどちらか。
ロシア語を話してるのが1人いる。恐らく仲間のロシア人に呼びかけている。
「II 死に至る病」でサイドのシーンにカードを遊ぶロシア人の近くの番号47のハンモックにはパイプが刺さったバッグがかけられている。
同じバッグが小舟にもあるので、このロシア人はアレクセイ・トポロフ
アレクセイ・トポロフ
よって、もう片方の漕ぎ手がパトリック・オヘーガンとわかる。
リムが「ベン!箱は?」と聞いてる。
このシーンにいるフォルモサ人で該当するのは白衣の「シア・イトベン」のみ。
このシーンで箱がある小舟の漕ぎ手が人魚に捕まって海に引っ張られているので、この男(アラルクス)は溺死した。

次は後ろ手で縛られている2人の男の内、槍で貫かれた方の男。
過去視でObra Dinnから逃げて真東のカナリア諸島に向かっていたとわかる。
カナリア諸島まで3日の距離だった。
そこを人魚にいきなり襲われ、槍の投擲で死んだ。
最後に残った中国人ホン・リと確定。

後はドアから現実に戻る。

失踪者の1人は顎ヒゲのロシア人で「II 死に至る病」でカードをやってた。
候補はアラルクス・ニキシンかレオニード・ボルコフ。
アラルクスをセットすると進展演出が入ったのでアラルクス・ニキシンが正解だった。
アラルクスは溺死している。

VII 破滅その2

砲列甲板船首に白骨死体が出現してるので過去視する。
E.S.がクラーケンの触手で圧死していた。
E.S.とはスケッチの画家の署名でエドワード・スプラット

スケッチ「海上裁判」で一番右端の射手を辿ると、このシーンにもいるとわかる。
しかし甲板にはいないのでハンモックの誰か。
このシーンで43、44、45、56番のハンモックで寝ている人物がいる。

43 ニューギニア人のマパ(檣楼員)
44 イングランド人のルイス・ウォーカー(檣楼員)
45 ロシア人のレオニード・ボルコフ(檣楼員)
56 イングランド人のヘンリー・ブレナン(甲板員)

帆を畳むシーンで右端の射手はマストに登ってないので、檣楼員ではない。
消去法で射手はヘンリー・ブレナンとわかる。

他の乗組員は甲板員以外、クラーケンに気付いてない。
甲板員の1人は倒れて仲間に介抱されていた。

次は介抱されていた男。
過去視で「デンマーク(オランダ)野郎」と罵られていた。
該当者はデンマーク人のラーズ・リンデのみ。
棒で殴られて死んだらしい。
加害者は「兄貴を殺した」と言ってる。
ラーズは「事故だ!ロープが……」と弁解してる。
よって、これは「I 崩れた積荷」で死んだ甲板員。
ファミリーネームが同じなのは「ピーターズ」のどちらか。
崩れた積荷で死んだのはサミュエルと判明したので、こっちはネイサン・ピーターズ。

このシーンでラーズは「俺も乗せろ」と言ってるので、ネイサン・ピーターズは小舟で逃げようとしていた。
小舟に乗っているのはネクタイ男とメダルをかけた男。
この直後にクラーケンが画家を殺してる。
ネイサンらが乗った船はクラーケンに沈められた。

最後にドアから現実に戻る。

ネイサンと同じ小舟に乗ってたネクタイ男は本のような物を持ってる。
よって、事務長ダンカン・マッケイ
もう1人はアレクサンダー・ブースをセットすると調査が進展したので確定。

失踪者の1人は檣楼員の中国人。
リー・ウェイをセットすると調査が進展したので確定。
恐らく「破滅」その8でマストをへし折られた際に海に投げ出されて溺死した。

III 殺人

砲列甲板の一等航海士の部屋の窓を過去視。
これは犠牲者の靴が引っかかってたらしい。
甲板に出るとつるっぱげが男に射殺されていた。
射殺した男は小姐(リム)を抱えて人質にしていたニコルズ。
つるっぱげは檣楼員のうち、中国人には見えないし、マバはクラーケンに体を真っ二つにされた。ルイスは船長に殺されてるし、レオニードはエミールに射殺されている。
よってティモシー・ブーテメントと確定。

次は甲板で吊されていた男。
過去視で殺人の容疑で銃殺刑となった。
「ラウ・ホクセンはヌーツィオ・パスクア氏の殺害を自白」と裁決が下った。
よって男の名はラウ・ホクセン
号令を下しているのがクリスチャン・ウォルフ。
ホクセンを撃った4人のうち実弾が飛んでいる者が殺害者。他は空砲。
実弾が出ているのは右端の射手で、ヘンリー・ブレナン。

次はラウ・ホクセンの隣で横たわっている死体。
裁判の渦中の被害者なのでヌーツィオ・パスクア
回想でシニョール・ニコルズと呼びかけた相手に刺殺された。
宝の箱が置いてある部屋の前でラウ・ホクセンが倒れていたので、ニコルズがホクセンに濡れ衣を着せた。

後はドアから現実に戻る。

VI 海の兵たち その8

最下層の奥の蜘蛛の死体を過去視できるようになってる。
蜘蛛に喉を刺されつつも銃で逆襲していた者がいる。
この男は「呪われた獲物」その3の船匠作業室から出てきたハンマー男(船匠)のウィンストン・スミス

後はドアから現実に戻る。

I 崩れた積荷

蜘蛛の死体の反対側のドアを開けて樽を過去視する。
樽が崩れて中に入ってた名無しの密航者が圧死。
この人物の身元や死因特定は不要。

次はこの積荷で圧死したもう1人の死体の過去視。
積荷が崩れた瞬間のシーンが見れるだけ。
スケッチ(海上の宴)には左に座って描かれている。
「VII 破滅」でロープが外れて兄を殺したと疑われているシーンがある。
ファミリーネームが同じなのは「ピーターズ」のどちらか。
これはサミュエル・ピーターズとネイサン・ピーターズをセットして、サミュエルをセットしたら進展演出が入ったので、サミュエル・ピーターズが正解と判明。

最後にドアから現実に戻る。

以上で全ての過去視は終了。
これまでに得られた情報から全ての身元と死因の特定を行う。

一応、全クリしたんで名簿のSS。
乗客乗員名簿

エピローグ

現実に戻って小舟に乗ると帰還する。
調査に基づいて保険会社が支払う料金が算定される。
手帳はモロッコのヘンリー・エバンズに送付される。
1年後にヘンリーから手紙が届く。

空欄の多い手帳を送付すると完成度の余りの低さにヘンリーは心労で死んでしまうw
差出人はジェーン・バード嬢なので、ヘンリーと共に生存していると確定。

30人の身元と死因を解き明かして送付すると、「ある程度の完成度に満足」との手紙が届く。

58人分の身元と死因を特定して帰還すると「VIII 取引」の調査を続行できる。

VIII 取引

ヘンリー・エバンズの遺族ジェーン・バード嬢から届いた小包には手帳と「猿の手」があった。
猿の手に時計を使うと過去視が始まる。

船尾倉庫でヘンリーが猿を射殺していた。
側には三等航海士マーティン・ペロットと船長付き司厨手フィリップ・ダールの死体。
ヘンリーと呼びに来た者が会話していた。
たぶんヘンリーと一緒に逃げた男デービー。
「もう鍵はない」と言ってる。
ヘンリーは猿を船尾の部屋に入れ、窓から撃ち殺した。
その猿の手が小包で届いたらしいので、ヘンリーは手を切り取って逃げた。
本物の「猿の手」のオカルトなのか、単に逃走の成功を祈って切ったのかはわからない。

次はマーティンの過去視。
マーティン・ペロットが瀕死で、ポールとデービスが人魚を運ぼうとしていた。
貝殻を人魚に返して甲板から逃がしたらしい。
マーティンは「これでObra Dinnは母港に帰れる」と呟いて絶命した。

次は水中の化物の過去視。
船長が槍で化物を殺そうとしていた。
これでクラーケンも消えたらしい。

更にもう1匹の化物を過去視。
船長が銃で射殺していた。
クラーケンを呼んだのはお前たちだろうと叫んでいた。

次はフィリップの過去視。
フィリップ・ダールは箱を開けて貝殻を入手したけど、電撃を喰らったらしい。
このタイミングではまだ船長はいない。

Return of the Obra Dinnの考察

どうも猿がObra Dinnの悲劇の裏で暗躍してたっぽい。
病を持ち込んだのは実は猿だったのかもね。
それでヘンリーは猿を殺したのかも。

蜘蛛やクラーケンは人魚が呼び寄せたらしい。
人魚を殺す事でクラーケンもいなくなった模様。
少なくとも船長は人魚が犯人と思っていたらしい。
或いは貝殻に引き寄せられていたのかも。
人魚と貝殻を海に捨てる事で怪異は起きなくなったとも取れる。
もちろん猿が呼んでたのかもしれない。
ヘンリーは猿が犯人と疑ってたのかもね。

電撃を放つ箱はフォルモサ王家の秘宝か何か。
中に水銀のような美しい渦があるらしい。
ただし開けた者にも電撃が来るので、その者の死と引き替え。

船尾倉庫の鍵はないのに現実ではなぜ施錠されてたのか。
恐らく猿の手を切り取ってヘンリーが立ち去った後に、瀕死のマーティンが意識を取り戻して内側から施錠した。

Return of the Obra Dinnの感想

きちんとイベントを見ると全体では数時間で終わる。
ただし情報を集めて推理するのに手間取った。
合計20時間弱かかった。

集めた情報をまとめるシステムがゲーム内には存在しない。
なので自分でSSを撮ったりメモを取りながら進めないと謎は解けない。

推理の難易度はめちゃめちゃ高かった。
60人分もの身元と死因の推理をしないといけないのも大変。
難易度が高かったのは過去視を手軽にザッピングできないのも理由。

死体を順に発見して過去視するのだけど、過去視世界で死体を光らせて、現実に戻って光を辿って死体を見つけるというのが意味の無い演出に感じられてストレスだった。
過去視世界で次の死体を発見し、連続でその死体の過去視をやればいいのに。
実際、一度見た過去視なら現実に戻らずに次々に過去視できるので、システム的には可能。
と言うか、一度見た過去視は手帳からダイレクトに見れればいいのに、いちいち死体を探すのも手間だった。

過去視で殺人事件を推理するアイディアは面白いけど、手間がかかり過ぎる……。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加 管理人へのお問い合わせ

Amazonこれから開催予定の数量限定タイムセール
PlayStationストア セール&キャンペーン情報
PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版+PlayStation VR WORLDS (VR専用)

【PS4】The Last of Us Part II【早期購入特典】ゲーム内アイテム ・「装弾数増加」 ・「工作サバイバルガイド」(封入)【2020年5月29日】
仁王2 (早期購入特典(「太初の侍の鎧一式」ダウンロードシリアル) 同梱)【2020年3月12日】
ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4【2020年3月3日】
新サクラ大戦【初回特典】「新サクラ大戦」メインビジュアル&主題歌 PS4用テーマ 同梱 - PS4【2019年12月12日】
【PS4】DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)【2019年11月8日】
モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション (【予約特典】防具「ユクモノ」シリーズ(重ね着装備)」 が手に入るプロダクトコード 同梱) - PS4【2019年9月6日】
一人用SF人狼ゲーム『グノーシア』【2019年6月20日】
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱)【2019年3月23日】
【PS4】Déraciné (VR専用) 【早期購入特典】「PlayStation 4用テーマ」がダウンロード可能なコードチラシ (封入)【2018年11月8日】
ドラゴンズクラウン・プロ 【先着購入特典】DLCデジタルゲームブック「悪霊島の秘宝」 同梱【2018年2月8日】
Kingdom Come: Deliverance【2018年2月13日】
【PS4】巨影都市【2017年10月19日】
スティクス:シャーズ・オブ・ダークネス 【CEROレーティング「Z」】【2017年12月14日】
Horizon: Zero Dawn (PS4)【2017年3月4日】

このページの先頭へ