FF14直感的にわかりやすいXHBの配置

FF14はパッドで遊んでるけど、そのXHBにスキルをどう配置すると直感的にわかりやすいかの個人的見解です。

PS4/PS3コントローラで遊んでるので、ボタン名称はデュアルショック用です。
また私は右利きなので、以下の見解は右利き用です。

基本は、右XHB(R2ボタン)に使用頻度の高いコンボ用ウェポンスキル、左XHB(L2ボタン)に使用頻度の低いスキルやリキャストが長いスキル(アビリティ)。
またXHB(表)には使用頻度が高いスキル、XHB(裏)には使用頻度が低いスキル。

各ボタンへのおおまかな配置は以下の通り。

○:ファーストアタック用スキル(タンク)。アタッカーやヒーラーの場合は使用頻度が低いスキル。
□右:頻用スキル(コントローラを握った手の形で親指が自然に当たる最も押しやすい位置なので)
△上:敵に効果が及ぶスキル
×下:自分や味方に効果が及ぶスキル
左:使用頻度が低いスキル

ファーストアタック用スキルとは、タンクだと遠隔スキル
敵にファーストアタックする際にほぼ必ず「シールドロブ」「トマホーク」などを使うはず。
この場合は必ず○ボタンにする。なぜなら、ターゲットボタンがデフォルトで○だから
ターゲットした直後に、そのまま○ボタン(とRT)を続けて押せばファーストアタックが実行される。
アタッカーの場合は、コンボの起点となるスキルが頻用スキルに該当するけど、コンボの起点となるスキルをタンクと共通のボタンにした方が間違えにくいので、頻度の低いスキルをセットする。
ただし竜騎士だと同じ遠隔スキル「ピアシングタロン」。パーティでは使う機会はほぼ無いけど、ソロならファーストアタックで使う。
黒魔ならコラプスでもいいかも。

方向キー右には左手の親指が自然に当たるので「使用頻度は低いけど咄嗟に押しやすいアビリティ」。
タンクの場合は「インビンシブル」など無敵アビリティ。
ヒーラーだと「ベネディクション」など。

頻用スキルとは、ヒーラーの場合は回復魔法。
アタッカーやタンクは、コンボの起点となるスキルを□ボタンにセット。
タンクの場合は、フラッシュやオーバーパワーなどの全体敵視スキルも頻用するはず。
ただしR2側□ボタンはコンボ用スキルをセットした方がいいので、全体敵視スキルはL2側にセットする。

敵に効果が及ぶスキルは、挑発やウイルスなど。召喚士のペインとか。

自分や味方に効果が及ぶスキルは、ヒーラーだとメディカラなど範囲回復魔法。
アタッカーだと竜騎士のリタニーや、モンクのマントラなど。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加 管理人へのお問い合わせ

Amazonこれから開催予定の数量限定タイムセール
PlayStationストア セール&キャンペーン情報
PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版+PlayStation VR WORLDS (VR専用)

モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション (【予約特典】防具「ユクモノ」シリーズ(重ね着装備)」 が手に入るプロダクトコード 同梱) - PS4【2019年9月6日】
一人用SF人狼ゲーム『グノーシア』【2019年6月20日】
【PS4】Days Gone ( デイズゴーン ) 【早期購入特典】 バイクアップグレードパック /ドリフタークロスボウ早期アンロック をダウンロード出来るプロダクトコード (封入) 【CEROレーティング「Z」】【2019年4月26日】
World War Z(輸入版:北米)- PS4【2019年4月16日】
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱)【2019年3月23日】
【PS4】Déraciné (VR専用) 【早期購入特典】「PlayStation 4用テーマ」がダウンロード可能なコードチラシ (封入)【2018年11月8日】
ドラゴンズクラウン・プロ 【先着購入特典】DLCデジタルゲームブック「悪霊島の秘宝」 同梱【2018年2月8日】
Kingdom Come: Deliverance【2018年2月13日】
【PS4】巨影都市【2017年10月19日】
スティクス:シャーズ・オブ・ダークネス 【CEROレーティング「Z」】【2017年12月14日】
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 通常版【古本市場オンラインオリジナル特典:描き下ろしマイクロファイバータオル】【初回限定特典:オリジナルNEC PC-9800シリーズ版 DLCカード付き】【2017年3月16日】
Horizon: Zero Dawn (PS4)【2017年3月4日】

このページの先頭へ