ビデオキャプチャーの基本知識

1)PCとの取り付け方法

接続方法は3種類あります。

・USB

・PCI / PCI Express

・ExpressCard

ノートPCならUSB。
更に「USBのバスパワー駆動」なら電源が要りません。

デスクトップなら、PCIまたはPCI Express。

ExpressCardは対応機種がほとんど存在しません。
恐らくこの機種が唯一です。


ドリキャプ HDMIキャプチャーカード ExpressCard/34/54スロット接続 DC-HB1


2)キャプチャーしたい機器の端子

ゲーム機やDVD/BDプレイヤーなど、キャプチャーしたい機器との接続方法は4種類あります。

・コンポジット(RCA端子)

・S端子

・コンポーネント または D端子

・HDMI端子

キャプチャーしたい機器がどの端子に対応しているかで、接続ケーブルが異なります。

コンポジットが一番普及していますが、画質は悪いです。解像度は480i

次に画質が良いのはS端子。コンポジットの文字の滲みが無くなり、くっきりします。解像度はコンポジットと同じ480i

D端子は5つの規格があり、コンポーネントはD5端子と同等です。

コンポートネント:1080p / 720p / 1080i / 480p / 480i
D5:1080p / 720p / 1080i / 480p / 480i
D4:1080i / 720p / 480p / 480i
D3:1080i / 480p / 480i
D2:480p / 480i
D1:480i

HDMI端子はデジタルデータをそのまま送る規格で、上記コンポジット、S端子、D端子はアナログ。
デジタルデータを直接送るので、D端子やコンポーネントよりも更に高画質になり、もっとも色や文字がクリアに見えます。

HDMI端子:1080p / 1080i / 720p / 480p


3)エンコード方式

動画と音声を圧縮/録画する方式は2つあります。

・ハードウェアエンコード

・ソフトウェアエンコード

ハードウェアエンコードはキャプチャー機器自体がエンコードするので、パソコンへの負担が少ないです。
そのかわりにパソコンへのデータ転送遅延が発生し、ゲーム映像などでコントローラ操作と実際の映像とにズレが生じることがあります。

ソフトウェアエンコードはパソコンがエンコードするので、パソコンの負担となります。
その代わり、キャプチャー機器からパソコンへのデータ転送の遅延はありません。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加 管理人へのお問い合わせ

Amazonこれから開催予定の数量限定タイムセール
PlayStationストア セール&キャンペーン情報
PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版+PlayStation VR WORLDS (VR専用)

モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション (【予約特典】防具「ユクモノ」シリーズ(重ね着装備)」 が手に入るプロダクトコード 同梱) - PS4【2019年9月6日】
一人用SF人狼ゲーム『グノーシア』【2019年6月20日】
【PS4】Days Gone ( デイズゴーン ) 【早期購入特典】 バイクアップグレードパック /ドリフタークロスボウ早期アンロック をダウンロード出来るプロダクトコード (封入) 【CEROレーティング「Z」】【2019年4月26日】
World War Z(輸入版:北米)- PS4【2019年4月16日】
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱)【2019年3月23日】
【PS4】Déraciné (VR専用) 【早期購入特典】「PlayStation 4用テーマ」がダウンロード可能なコードチラシ (封入)【2018年11月8日】
ドラゴンズクラウン・プロ 【先着購入特典】DLCデジタルゲームブック「悪霊島の秘宝」 同梱【2018年2月8日】
Kingdom Come: Deliverance【2018年2月13日】
【PS4】巨影都市【2017年10月19日】
スティクス:シャーズ・オブ・ダークネス 【CEROレーティング「Z」】【2017年12月14日】
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 通常版【古本市場オンラインオリジナル特典:描き下ろしマイクロファイバータオル】【初回限定特典:オリジナルNEC PC-9800シリーズ版 DLCカード付き】【2017年3月16日】
Horizon: Zero Dawn (PS4)【2017年3月4日】

このページの先頭へ